Archive for こうじ

[ダッスポ]第69回朝日杯フューチュリティステークス(G1)

おはようございます。開門ダッシュ部です。
都合が悪いことはすぐに忘れる性質なんですが、先週の結果?ロックディスタウンは一体なんだったんでしょうか?
きれいに忘れることも大事なんだなって最近感じています。

さあ、今週も元気に予想にいきましょう!

※本紙・ザキの一言は今回御座いません。

ホープフルステークスがG1昇格となってメンバーが散り、その為比較が難しく印も割れました。中心となるのがダノンプレミアムタワーオブロンドンステルヴィオ
前哨戦の結果を比較するのが難しい、しかし馬券的にはすごく楽しみでもある展開です。

ダノンプレミアムが先行してそのまま粘りこめるのか、それとも鬼脚タワーオブロンドン・ステルヴィオが前掛かりになりそうなペースを利して出し抜けを図るのか。
伏兵候補も幅広いですから、3連複フォーメーションで点数を絞り込むのが得策でしょうか。3連単を考えてると多点数になりそうですからね。

ちなみに私が密かに推したいダブルシャープふるやっちが◎…まあそうですよね。

それでは皆様、朝日杯フューチュリティステークスを楽しみましょう♪

[ダッスポ]第69回阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)

おはようございます。開門ダッシュ部です。
だいぶ寒いですね。本格的な冬到来を感じますが、まだ12月です…
私は無事に春を迎えられるのか体調的に不安になってきました。

馬券的には年を越せるのかすでに不安なのですが、まだやる気はあるようです!

大外に入った有力馬、ロックディスタウンに印が集まりました。
注目を集めているオルフェーヴルの初年度産駒としてラッキーライラックとともに人気を分けるのかと思いましたが、思いの外抜けた人気になっていますね。

この時期の牝馬は正直見極めが難しいですが、お父さんが規格外の強さを誇っていましたし大外でも力を発揮して結果を出すのではと、皆期待しています。
そして見極めの難しさが他の印の散らばり方で見てとれますが、全員無印が2頭。相手次第ではまた、高配当も期待できそうですね。

香港のG1も気になりますが、あくまでメインはこのレース。直前に軍資金を溶かさないように注意が必要ですね…

それでは皆様、阪神ジュベナイルフィリーズを楽しみましょう♪

 

[ダッスポ]第18回チャンピオンズカップ(G1)

おはようございます。開門ダッシュ部です。
師走です。あと1か月で2017年も幕を閉じます。
ラストスパートというか帳尻をきれいに合わせたいためにチャンピオンズカップから頑張っていきましょう!!

逆転があるとすれば別路線

普通に考えれば、JBCクラシック組から入るが、過去を振り返ってみても、意外と予想が難解なレース。
韓国G1からの使者、ロンドンタウンに期待する。荒れてナンボ、的中してナンボ。
過去のデータ的にも1番人気は来ていないからこその予想。相手は堅いところになりそうだが。さて、如何に!(本紙・ザキ)

確かに予想が難解。我らも印がバラバラで、アポロケンタッキーのみが印無しでした…と思ってたら出走取り消しとなり、全馬に印がついている状況。
混戦のダート頂上決戦を制するのはどの馬なのか。

それでは皆様、チャンピオンズカップを楽しみましょう♪

[ダッスポ]第37回ジャパンカップ(G1)

皆様こんにちは、開門ダッシュ部です。
マイルチャンピオンシップで印は良いところだったのですが、馬券が3連複だったので「残念ながら」外してしまった私ですが、徐々に光明が見えてきたわけなので悲観視しておりません。今週は当てましょう!

というわけで海外から4頭を招いての17頭立てとなった今年のジャパンカップ。
やはりというか、前走天皇賞秋のレースが強烈に印象に残っているキタサンブラックが人気を集めています。そしてクビ差敗れましたが同じく死闘を演じたサトノクラウンと、今年のダービー馬レイデオロが10倍を割る単勝オッズで人気を分け合っていますね。

天皇賞組の疲労度合は計り知れませんが、もうこれは結果を見るまではわからないでしょうから、一旦見ないことにします(笑)

海外勢はどうなのでしょうね。昨年を経験しているイキートスと、ドイツで先着2回あるギニョールが密かな穴候補なのですが、アイダホはあのハイランドリールの弟ですしね…

迷いに迷うG1。最終的には単勝しか買えないかもしれません。

それでは皆様、ジャパンカップを楽しみましょう♪

[ダッスポ]第34回マイルチャンピオンシップ(G1)

皆様おはようございます!開門ダッシュ部です。
どんどん当たらなくなっているのは何の吉兆なのか…
ドカンと大当たりする吉兆なのかなと
自分の当たらなさをどのように切り替えようかさまよっている私ですが、
マイナス思考は絶対ダメなので今日も無理くりポジティブに生きようと思います!

マイル適距離、サトノアラジン。

天皇賞最下位から人気を落とすサトノアラジンは狙い目。明日、良馬場まで戻れば主役クラス。グランシルクの前々走は評価出来る強さとして大綱に。思い切って二番手に評価。さらには外国人騎手が騎乗する3頭を選択。(本紙・ザキ)

人気は割れてます。6枠両頭が人気を分け合っていますが、あまり差がなくペルシアンナイトやサトノアラジンなどが続きます。
若い世代の方にとっては穴のG1なのかもしれないですが、昔は本当に堅いレースだったんですよ…今回どうなるんでしょう。

それでは皆様、マイルチャンピオンシップを楽しみましょう♪

本当はその後にやる水沢のダービーグランプリ、フリビオンが楽しみとか密かに言っておきます(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。