Archive for 調教診断

副部長の調教診断(2017年50週目②)

昨日は馬券が当たったんですが、掲載した予想が当たりませんでした。
勝ったミスパンテールは迷った結果推奨2番手にした馬だったんですよね。
どうも噛み合わない感じです。

【朝日杯FS】
ケイアイノーテック

阪神に移って4年目の朝日杯FSですが、ベゴニア賞の勝ち馬が出走したら2戦2勝なんですよね。
中山開催最終年もベゴニア賞勝ち馬が勝利。
今年はベゴニア賞勝ち馬が不在なので、暫定2歳王者決定戦という印象です。

副部長の調教診断(2017年50週目①)

こんにちは、馬券が壊滅的な副部長です。
先週は調教診断が全くダメでしたが、
香港国際競走予想は、香港ヴァーズの◎→◯→▲を筆頭に
印を打った馬がまぁまぁ走ってくれたのでホッとしています。

昨晩は先月銀座にオープンした競馬BARに行き精神を研ぎ澄ませてきました。
しかし、研ぎ過ぎたようで若干二日酔いです。

【ターコイズS】
ペイシャフェリス

あまり期待しないで下さい。

副部長の調教診断(2017年49週目②)+香港国際競走

明日は香港国際競走ですね。
なかなか競馬熱が上がらなかったのですが、
香港ジョッキークラブのサイトを見ながら予想をしていたら、
香港だけやる気になってきました。
国内2レースは前座という感じですが…

【カペラS】
ノボバカラ

【阪神JF】
ナディア

さて、ここからは香港国際競走の予想です。
HKJCのサイトで調教映像が見れるのですが、
直線の映像が少しだけで評価が難しいので、
今回は今まで通り出走表での予想にしました。
ちなみに、使用した資料は以下のURL
http://racing.hkjc.com/racing/content/PDF/RaceCard/20171210_starter_all.pdf

日本の馬柱を見慣れていると最初は抵抗がありますが、
一度見方を覚えると馬柱よりも情報量が豊富なので、
予想するには十分な資料になり、現地観戦の際にもすんなり新聞を読めるようになります。
JRAの英語サイトにも同じフォーマットの資料の国内版があるので、
世界標準のフォーマットなのかもしれません。

この開門ダッシュ部のブログですが、数年前に掲載した香港競馬や沙田競馬場に関する案内記事が、香港国際競走の週になるとアクセス数が増加しているそうです。
もしかすると、この記事を香港で読んでいる方もいるのではないかと思い、◎◯▲の3頭予想だと『4連複や4連単はどうすればいいんだよ!?』と言われかねないので、
◎◯▲△の4頭予想を掲載したいと思います。

【香港ヴァーズ】
◎ハイランドリール
◯タリスマニック
▲トーセンバジル
△ティベリアン

【香港スプリント】
◎ラッキーバブルズ
◯ミスタースタニング
▲ペニアフォビア
△アメージングキッズ

【香港マイル】
◎シーズンズブルーム
◯ヘレンパラゴン
▲ビューティーオンリー
△ランカスターボンバー

【香港カップ】
◎ワーザー
◯ポエッツワード
▲ネオリアリズム
△ステファノス

香港ヴァーズ出走馬の調教映像を少し見たのですが、
ハイランドリールとティベリアンがよく見えました。

副部長の調教診断(2017年49週目①)

年末だというのに競馬熱が上がり切りません。
この連載を来年もやるかどうかも悩んでおります。
何しろ最近全然当たらないですからね。

【中日新聞杯】
ミッキーロケット

副部長の調教診断(2017年48週目②)

昨日は830円という3連単の配当に
世間の厳しさを痛感しました。

【チャンピオンズC】
モルトベーネ

東海Sでの2着激走をみんな忘れていらっしゃるようで。
結構狙い目と思っています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。