Archive for 競馬

[ダッスポ]第36回 フェブラリーステークス(G1)

皆様ご無沙汰しています。開門ダッシュ部です。
もはやG1のときしか活動していないのではと思われていますが、そんなことないと言えるように今年もがんばります。ロック師匠もこうおっしゃっています。

今年は歴史が変わる一年!熱く行くぜ!

2019年の本紙予想は、ともです。
データ・調教ハイブリッドの予想をぜひご期待ください。

本紙見解

フェブラリーSは格より調子が重要視される一戦。その証拠にフェブラリーSを2勝以上した馬は、2014-2015年と連覇したコパノリッキーのみ。但し、2014年はシンガリ人気での逃げ切り勝ちで、ある程度の人気を背負って2勝した馬はいない。
しかし、馬券の人気は調子より格が重要視される傾向にある為、巷ではフェブラリーSは馬券が難しいG1と言われる所以。
ルヴァンスレーヴ、ウェスタールンド、ケイティブレイブが不在、昨年下半期のダートG1勝ち馬はオメガパフュームのみというメンバーレベルを考えると、G1未勝利馬を積極的に狙っていきたいところ。

出走全頭の調教診断は以下の通り。
(区切り線は仕上がりの差の大きさを表現)
ーーーーーーーーーーーー
1.サンライズソア/栗坂/もう少し力強さが欲しい
2.ノボバカラ/栗坂/調教はいつも良いが…
3.ゴールドドリーム/栗坂/左手前スムーズさ欠ける
4.サンライズノヴァ/栗坂/後半バテる
5.オメガパフューム/栗坂/可もなく不可もなく
6.ノンコノユメ/南W/トラック追い切り最上位
7.インティ/栗坂/右手前に不安
ーーーーーーーーーーーー
8.モーニング/栗坂/力み多い
9.サクセスエナジー/栗坂/特筆する点無し
10.コパノキッキング/CW/スムーズさに欠ける
ーーーーーーーーーーーー
11.ユラノト/栗坂/安定感弱い
12.メイショウウタゲ/栗坂/迫力に欠ける
13.クイーンズサターン/栗坂/脚取り重い
ーーーーーーーーーーーー
14.ワンダーリーデル/栗坂/前後バランス悪い

上記を踏まえて打った印が以下の通り。
サンライズソア
サンライズノヴァ
ゴールドドリーム
オメガパフューム
ノンコノユメ
ノボバカラ
2勝馬問題からゴールドドリームは減点評価。
ノボバカラは調教診断基準に当てはまる走り方をする馬で、
調教診断結果が戦績に反映されない馬なので消したいところだが、
それを加味しても動きが良かった為、☆に残した。(とも)

インティよりもゴールドドリームに印が集まりましたが、本紙からすると減点材料ありとのこと。100%の信頼を得る馬がいない状況と捉えれば、人気薄馬への希望を託すのもありかもしれませんね。

それでは皆様、フェブラリーステークスを楽しみましょう♪

副部長の気まぐれ調教診断(1/6)

あけましておめでとうございます。

長らく休んでいた調教診断ですが、
今日は記事にしたくなる程の調教時計を出していた馬がいたので、
久しぶりに投稿します。

京都 6R 2番 ブリッジオーヴァー

栗東坂路で4F48秒台という破格を越えた驚愕の時計。
調教時計を少しでも見れる人ならわかると思いますが、
4F50秒台でも相当なものです。
最近でこのレベルの時計を出した馬は、ネロぐらいしか思い当たりません。
出遅れ・出負けの危険性がある馬なので何とも言えませんが、
まともに出れればいい勝負をすると思います。

[ダッスポ]第35回ホープフルステークス(G1)

おはようございます。開門ダッシュ部です。
有馬記念が終わっていよいよ年の瀬、すぐにお正月ですね。

1年の締め括りというより来年の先取りという気分になるホープフルステークス。
G1昇格2年目となりますが、今年はどうなるでしょうか。

本紙見解

圧倒的人気のサートゥルナーリア、確かに強いです。本来であれば本命ですね。しかし可能性を追いかけるならばミッキーブラックを推したいと思います。
前走の京都2歳S、出遅れが響いての4着でしたがそれでも3コーナーは先団に入っての最後力尽きての4着ならば、むしろ今回うまく走れば…と考えられるものです。中山・芙蓉Sでの勝利もあるのは心強く、鞍上は若き天才O.マーフィー騎手。期待の若手が手を組み、来年への希望を膨らませてくれることを期待します。
前述のサートゥルナーリアは血統背景含めて説明不要、これまでのレース内容も立派なものです。やはり外せません。この2頭から2000で勝ちのあるアドマイヤジャスタ、地道に重賞を連勝しているニシノデイジー、まともに走った時のブレイキングドーンと鬼脚を持つジャストアジゴロへ流したいところですね。
本紙として見解を述べるのは今回でいったんおしまいとなります。ダッスポポイントレースで圧倒的最下位と情けないシーズンになってしまいました。来年は失地回復して改めて本紙の椅子を目指したいと思います。1年間ありがとうございました。

さてダッスポ予想陣の見解ですが、やはり2歳戦で難解さが出ています。ただオッズ通りサートゥルナーリア中心に印が集まっていますね。全員の印が集まっているのはアドマイヤジャスタなんですね。ルメールが1年を締めるのか注目ですね。

それでは皆様、ホープフルステークスを楽しみましょう♪

[ダッスポ]第63回”グランプリ”有馬記念(G1)

皆様おはようございます。開門ダッシュ部です。

まず先週の朝日杯のダッスポの日付が誤植でした。
あまり気にされている方は多くないと思いますが、大変申し訳ありませんでした。。。

さて中央競馬の「締め」となる有馬記念ですね。
各々の夢を希望を託した、楽しむ予想をご覧ください。

本紙見解

レイデオロを中心に。キタサンブラックが引退して混沌としている中央競馬の中距離路線に、ようやく信頼できる大将格が名乗りを上げた。天皇賞は慣れ親しんだ府中のターフをルメールと快勝。これがダービー馬であり、俺がこのターフを支配するという気概が感じられた。中山コースとの相性も、その1走前のオールカマーで払拭。安定した走りはメンバー中随一であり、この馬から買うのが今年の締めにふさわしいと感じた。
しかしながら締めの主役は1頭ではなかった。一人の酔狂な(失礼)オーナーの一存で障害界から有言実行して有馬記念に出走したオジュウチョウサン。前走が1000万条件であり普通ならばここでは見送るのが当然であるが、ファン投票3位で鞍上が武豊。能力以外での期待値は計り知れない。当然惨敗も見越してだが軸の2頭目に挙げたい。

天皇賞、JC以外から参戦の馬でダッスポメンバーの支持を集めたのはモズカッチャン。昨年のクイーンズリングのように牝馬での上位入着は果たしてあるのでしょうか。

夢と期待が詰まったレースなので、本当に予想が難しいレースになりましたが、ここにすべてのホースマンや競馬ファンの夢、期待が込められていると考えると馬券以外の部分も楽しみになりますね。

それでは皆様、年末のグランプリ有馬記念を楽しみましょう!!

[ダッスポ]第70回朝日杯フューチュリティステークス(G1)

おはようございます。開門ダッシュ部です。
先週の阪神JF、やたら堅調な配当でしたが皆様はいかがでしたか?
物入りな時節になってきましたから、今週も当ててクリスマス・お正月へ向けて資金を膨らましていきましょう!

本紙見解

グランアレグリアの壁を、ドゴールが乗り越えることを期待したい!
冒頭から希望ベースでの話になってしまうが上りの豪脚には定評があり、過去2戦ともに出走メンバー最速の上りを示している。前走のサウジアラビアRCにしても出遅れさえなければグランアレグリアといい勝負も可能だった。鞍上は中堅の津村騎手でG1こそ勝利はないが、順調に仕上がった今回は出遅れ癖という壁を乗り越え、絶対的人気のグランアレグリアも越えてくれると信じている。

ダッスポ上の人気はグランアレグリア、ファンタジスト、ケイデンスコールの3頭に集まっていますね。中でも毎年恒例の武豊騎手の日本G1全制覇に向けた話題にこのレースが上がりますが、ファンタジストがその足掛かりを作ってくれるのか注目が集まりますね。

それでは皆様、朝日杯フューチュリティステークスを楽しみましょう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。