Archive for G1コラム

部長コラムVol.14『俺の日本ダービー』

【部長】∀・)ノシ こんばんわ、部長のハスラーです。

最近馬券がぶれにぶれて、それに伴い回収率もどんどん下がっております・苦笑

長い目で見ないといけないのですが、資金は減っていくのでそうもいかないんですよね・笑

そんな状態で迎える第81回日本ダービー。

昨年のコラムでも書きましたが、日本一のレースなのですが

相性がとにかく悪い。。。

競馬を初めて今年で28年、当たったのはオルフェーヴルの1度のみ。

今年はここ数年繰り返している直前で予想を変える病をなんとか抑え込んで

初志貫徹、馬連で勝負と決めております。

毎年毎年欲を出して三連複やら三連単やらに手を出し

ヒモ抜け、縦目、軸不在など

およそ考えうる最悪のパターンを性懲りもなく繰り返してまいりました・笑

いい加減、負の連鎖を断ち切るべく、今年も日本ダービーに挑みます。

さて肝心のダービーですが

牝馬戦線はハープスターが居ましたが、牡馬は混戦ムード。

レッドリヴェールがなんだかウオツカの時と被るような気もします。

イスラボニータが一歩抜けた感はありますが、他馬にも逆転可能なレベルに収まっているかなと思います。

今年は皇太子殿下が行啓されるので、何かまた新しい感動を生みだす気がします。

現時点で考えているのは、この馬が勝ったらドラマになるかなという事。

イスラボニータ・・・蛯名悲願なるか

レッドリヴェール・・・祐一昨年の雪辱なるか

ワンアンドオンリー・・・橋口師悲願なるか

ショウナンラグーン・・・大久保・吉田師弟コンビの悲願なるか

ぱっと思いつく限りこんな感じでしょうか。

関係無いですが

私的にPOGでトゥザワールド、トーセンスターダムを指名していますが

ここはトゥザワールドを推します。

この5頭ボックスが本線です。

やっぱりダービーなのでね、感動が欲しいところ。

今年はどんなドラマが生まれるのでしょうか。

部長コラムVol.13 『俺のフェブラリーステークス』

【部長】∀・)ノシ こんばんわ、ハスラーです。

今年最初のG1コラムです、気合い入ってますよ~♪

さて昨年のこの時期には、まだ当サイトはありませんでした。

昨年はどうだったかというと

エスポワールシチーの馬連をこっそり買っていて的中という

部内でいう『ライアー馬券』をやっておりました。

ま、反則なので今年はビシッと当てたいですね。

さて今年の本命は ⑮ ホッコータルマエ です。

正直なところ、ベルシャザールか悩みましたが、休み明けの成績があまり良くないベルシャザールより

使い込んではいるが安定しているホッコータルマエを選択しました。

不安材料も少なくないですが、安定感はメンバー中ピカイチですし、3着以下に沈む心配はないとみています。

対抗はベルシャザール・・・といきたいところですが、② ベストウォーリアです。

4歳という若さもそうですし、前走レコード勝ちのパフォーマンスを評価しました。

▲で⑪ ベルシャザールです。

ダート界の新星ですが、先述のとおり休み明けを嫌いましたがコース実績もあり勝つならあっさり勝つかも。

△1番手は古豪④ワンダーアキュート

なんだかんだで追い込んでくるイメージもありますし、武豊になってからの安定感は抜群。

以下

⑦ ニホンピロアワーズ

① ゴールスキー

⑨ アドマイヤロイヤル

⑯ シルクフォーチュン

馬券は

⑮→②・⑪・④→①・⑦・⑨・⑯

3連複フォーメーションで勝負です!

[ダッスポ] 第59回東京大賞典(G1)

やります!と言って今日の兵庫CTの予想できませんでした。有言不実行のこうじです。

皆様こんばんは。開門ダッシュ部です。
2013年にサイトをオープンして、秋のG1/Jpn1では何とかすべてダッスポを出せました。
明日が今年最後のG1、東京大賞典です。頭数は10頭と寂しいものになりましたが、最後にダート競馬の力強さを見せつけて1年を締めくくってほしいものです。

12月29日 大井10R 東京大賞典(G1)

59tokyodaishoten59tokyodaishoten

昨年の覇者ローマンレジェンドは、夏から秋にかけて王道を登り詰め、ジャパンカップダートでは苦汁を舐めましたが東京大賞典でついに栄冠を獲得しました。今年はここまで上げ潮で駆け抜けて初G1をを狙う…という馬は見当たりませんが、今年1年でダートの王道に駆け上がった馬を本線に指名します。

◎ ホッコータルマエ

4歳になってからようやく素質が開花して、佐賀記念から帝王賞までダートグレードを5連勝。
南部杯ではエスポワールシチーの後塵を拝しましたが、右回りの地方競馬であれば、この馬より先に行ける馬はいないでしょう。それくらい強い、今年を締めくくるにふさわしい馬です。

先週の有馬記念では、部長ハスラーが人生で最も愛している馬オルフェーヴルが優勝して引退しました。
私が人生で最も愛した馬はアブクマポーロです。川崎記念連覇、帝王賞、東京大賞典、かしわ記念、ダイオライト記念と南関東を代表するビッグレースで、JRAの強豪たちを赤子の手をひねるように勝ち続けてきた馬です。ホッコータルマエはJRAの馬ではありますが、かつてのアブクマポーロ彷彿とさせる強さを感じます。遅咲きの点、盛岡の坂に弱い点も含めて(笑)
来年はドバイ挑戦を標榜している同馬。ここで勝って弾みをつけてほしいところです。

それでは皆様、今年最後のG1東京大賞典を楽しみましょう!

部長コラムVol.12『俺の有馬記念』

【部長】∀・)ノシ こんばんわ、部長のハスラーです。

いよいよ有馬記念ですね!

開門ダッシュ部も徹夜で頑張っております、私もこのコラムを書いた後、終電で中山競馬場に向かいます。

有馬記念

私を競馬に引きずり込んだ1990年からもう23年ですか・・・早いです・笑

毎年色んなドラマが生まれるこのレース、みなさんの夢は何でしょうか?

私の夢は、ラストラン、オルフェーヴルです。

2011年から3年間、オルフェーヴルとともにすごした競馬人生。

初のダービー、3冠全観戦&馬券的中で大儲け

しかし

阪神大賞典、天皇賞・春でのビックリするくらいのマイナス。。。

凱旋門賞、ジャパンカップ、また凱旋門賞

色んな夢を見させてもらいました。

ということで

私の本命、オルフェーヴル。

対抗 ウインバリアシオン

これで終わりたいと思います。

さらば、オルフェーヴル。

部長コラムVol.11『俺の朝日杯』

【部長】∀・)ノシ 前々から疑問だったんですが

何でレース名をややこしく変えたんでしょうかね?

昔みたいに

阪神3歳、朝日杯3歳でわかりやすいと思うのになあと思うのは私だけでしょうか?・笑

フューチュリティだかチャリティだかわかりませんが、噛みそうな名前はイヤですね・笑

さて今年の出走馬ですが

正直レベルが低いなあというのが実感です。

1番人気にしても前走デイリー杯を2着、しかも牝馬に負けてるわけで。

ココで勝っても来年の主役にはちょっと。。。という感じです。

さて愚痴はおいておいて

本命はなんだかんだのアトムです。

といっても単勝では狙いにくいですが、3連複の軸という程度の評価です。

対抗はウインフルブルーム、前走の勝ち方も良かったですし、マイル経験済みというのもプラス。

もうちょっと人気しててもいいかなと思うのですが、狙うならこっちの単勝を狙いたいですね。

3番手はベルカント

ホウライアキコを軸に考えるとアトムより強いわけで・笑

勝つならあっさり勝ちそうですね、枠もいいですしなんだかんだ武を逃がすと怖いです。

以下、マイネルディアベル、アジアエクスプレス、ショウナンアチーブ、プレイアンドリアル

フォーメーションよりボックスで狙ったほうがいいかと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。