Archive for ダート

[ダッスポ]第20回チャンピオンズカップ(G1)

皆様おはようございます!開門ダッシュ部です。
残すところ今年もあと31回寝るだけで終わってしまいますが、最近いい心地で目覚めることが少ないので、少しでも多くいい睡眠が取れるように、競馬を充実させたいところです。

本紙見解

ルヴァンスレーヴ戦線離脱がダート路線をつまらないものにした1年。
残すはこのチャンピオンズCと東京大賞典だが、この流れのまま今年が終わりそうな雰囲気。
今年は大きな波乱もなく6,7番人気以内で決着しそうなレース。
無理矢理にでも穴を探すならば、勝ち馬候補はちょうど良い人気の福永と、プライベートが仕事に出るタイプで不調が続いているデムーロ。
特にデムーロはサンビスタで勝った時が12番人気、今回乗るワイドファラオは前日段階で11番人気、ここまで人気が無ければ一発狙っても良いところ。
あとは、不可解な栗東Bコースで最終追い切りを極めて軽めに行ったモズアトラクション。
逆に人気馬で不安なのはクリソベリル。血統と成績に加え、今週の開催開始日が11月なので例年より3歳馬のハンデが1キロ軽い為にこの人気になっていると思われるが、今年の3歳牡馬のレベルの低さと、昨年のルヴァンスレーヴと比べると軽過ぎる古馬初対戦の前走を考慮すると、軸にはしたくない。仕上がりは良さそうなので、能力で経験の無さを何処まで補えるか。
(本紙・とも)

本紙・ともが指摘するクリソベリルへの不安。古馬との経験値は不安視して当然かと思いますね。ただ、ルヴァンスレーヴ不在が招いた今年のダート路線の混沌の中で、唯一安定した結果を出しているのも事実。私はデットーリを迎えたオメガパフュームへの期待とクリソベリルへの投資で、今年のJRAダートの締めくくりに快打を決めたいところです。

それでは皆様、チャンピオンズカップを楽しみましょう♪

[G3climax2019]第47回一條記念みちのく大賞典(オルフェーヴル賞)

皆様おはようございます。開門ダッシュ部です。

上半期のG1シーズンも宝塚記念を残すだけとなり、夏競馬を迎えました。
そこで開門ダッシュ部では夏競馬を楽しむために
「~記念」の予想を9月の新潟記念まで行うことにしました。

第1弾は岩手競馬の重賞、一條記念みちのく大賞典です。
今回の予想は部長ハスラー、Takuto、みえの3名です。

水沢 11R 18:00発走 ダート2000m(右)
第47回 一條記念みちのく大賞典(オルフェーヴル賞)M1

Takuto

◎エンパイアペガサス
○ハドソンホーネット
▲グランユニヴェール
△サンエイキャピタル
★ムゲンノカノウセイ
☆チェリーピッカー

コメント:なんか固そうなので、難しい

みえ

◎サンエイキャピタル
○ハドソンホーネット
▲レイズアスピリット
△チェリーピッカー
★エンパイアペガサス
☆グランユニヴェール

部長ハスラー

◎エンパイアペガサス
○サンエイキャピタル
▲ハドソンホーネット
△チェリーピッカー
★グランユニヴェール
☆ムゲンノカノウセイ

3名の予想を合わせたD指数上位6頭は以下の通りとなりました。

◎エンパイアペガサス
○ハドソンホーネット
▲サンエイキャピタル
△グランユニヴェール
★チェリーピッカー
☆レイズアスピリット

岩手ではほぼ無敵のエンパイヤペガサスの3連覇に期待がかかりそうですが、午前中のオッズでは単勝2倍とのこと。単勝だけでもある程度のプラスを見込めそうですね。

さて、今回の夏の企画は「G3クライマックス2019」と題して、今日予想している3名がAブロックとして、ほか2名(とも、こうじ)がBブロックとして的中ポイントを競い、各ブロックの上位が9月1日の新潟記念で決勝対決を行います。地方競馬は的中ポイント2倍で、各ブロック4戦を行います。
こちらの動向にもご注目ください。

それでは皆様、みちのく大賞典を楽しみましょう♪

[ダッスポ]第36回 フェブラリーステークス(G1)

皆様ご無沙汰しています。開門ダッシュ部です。
もはやG1のときしか活動していないのではと思われていますが、そんなことないと言えるように今年もがんばります。ロック師匠もこうおっしゃっています。

今年は歴史が変わる一年!熱く行くぜ!

2019年の本紙予想は、ともです。
データ・調教ハイブリッドの予想をぜひご期待ください。

本紙見解

フェブラリーSは格より調子が重要視される一戦。その証拠にフェブラリーSを2勝以上した馬は、2014-2015年と連覇したコパノリッキーのみ。但し、2014年はシンガリ人気での逃げ切り勝ちで、ある程度の人気を背負って2勝した馬はいない。
しかし、馬券の人気は調子より格が重要視される傾向にある為、巷ではフェブラリーSは馬券が難しいG1と言われる所以。
ルヴァンスレーヴ、ウェスタールンド、ケイティブレイブが不在、昨年下半期のダートG1勝ち馬はオメガパフュームのみというメンバーレベルを考えると、G1未勝利馬を積極的に狙っていきたいところ。

出走全頭の調教診断は以下の通り。
(区切り線は仕上がりの差の大きさを表現)
ーーーーーーーーーーーー
1.サンライズソア/栗坂/もう少し力強さが欲しい
2.ノボバカラ/栗坂/調教はいつも良いが…
3.ゴールドドリーム/栗坂/左手前スムーズさ欠ける
4.サンライズノヴァ/栗坂/後半バテる
5.オメガパフューム/栗坂/可もなく不可もなく
6.ノンコノユメ/南W/トラック追い切り最上位
7.インティ/栗坂/右手前に不安
ーーーーーーーーーーーー
8.モーニング/栗坂/力み多い
9.サクセスエナジー/栗坂/特筆する点無し
10.コパノキッキング/CW/スムーズさに欠ける
ーーーーーーーーーーーー
11.ユラノト/栗坂/安定感弱い
12.メイショウウタゲ/栗坂/迫力に欠ける
13.クイーンズサターン/栗坂/脚取り重い
ーーーーーーーーーーーー
14.ワンダーリーデル/栗坂/前後バランス悪い

上記を踏まえて打った印が以下の通り。
サンライズソア
サンライズノヴァ
ゴールドドリーム
オメガパフューム
ノンコノユメ
ノボバカラ
2勝馬問題からゴールドドリームは減点評価。
ノボバカラは調教診断基準に当てはまる走り方をする馬で、
調教診断結果が戦績に反映されない馬なので消したいところだが、
それを加味しても動きが良かった為、☆に残した。(とも)

インティよりもゴールドドリームに印が集まりましたが、本紙からすると減点材料ありとのこと。100%の信頼を得る馬がいない状況と捉えれば、人気薄馬への希望を託すのもありかもしれませんね。

それでは皆様、フェブラリーステークスを楽しみましょう♪

副部長の気まぐれ調教診断(1/6)

あけましておめでとうございます。

長らく休んでいた調教診断ですが、
今日は記事にしたくなる程の調教時計を出していた馬がいたので、
久しぶりに投稿します。

京都 6R 2番 ブリッジオーヴァー

栗東坂路で4F48秒台という破格を越えた驚愕の時計。
調教時計を少しでも見れる人ならわかると思いますが、
4F50秒台でも相当なものです。
最近でこのレベルの時計を出した馬は、ネロぐらいしか思い当たりません。
出遅れ・出負けの危険性がある馬なので何とも言えませんが、
まともに出れればいい勝負をすると思います。

[ダッスポ]第19回チャンピオンズカップ(G1)

こんにちは。開門ダッシュ部です。
先週のジャパンカップは平成の30回をすべて見た方にはとても印象的だったのではないでしょうか。アーモンドアイの強さと、2.20.6という驚異的な走破時計に。実況もそうでしたが、僕らもその衝撃に鳥肌が立ちました。
レース後も大きなダメージは無さそうなようで、来年はついに世界の強豪との対決に期待が膨らみますね。

さて師走に入りました。今年のJRA・G1レースもあと5つ。頑張っていきましょう!

本紙見解

日本テレビ盃→JBCクラシックを勝ったケイティブレイブとJDD→南部杯を勝ったルヴァンスレーヴが初対決。3歳馬のルヴァンスレーヴが一気にダート界の勢力を塗り替えると見ている。振り返ると昨年末の川崎を無敗で勝利、今年4月の伏竜Sでわずかに取りこぼしたが重賞は連勝、そして秋の盛岡で古馬勢を一蹴。ペースを問わず安定した走りが身上。相手は強化されるがここも越えられる壁と見ている。
2番手にはサンライズソア、先行力が魅力で1800に短くなるのも有利になるだろう。そして安定なかなかしないけれどアポロケンタッキーはこんなに人気落ちしてしまう馬ではないと考える。中京のような直線が長いコースで光ると考える。また同様にダート女王アンジュデジール、インカンテーション、ノンコノユメも注目したい。
1年間安定した実績を積み上げてダート界の新帝王を戴冠したケイティだが、取りこぼしたのがフェブラリーステークス。距離もそうだが坂に不安があると見ている。昨年よりもメンバーランクは落ちたように見えるが、今年の3歳は強い。そこを警戒して結局今年も着外に…という結末も見える。

他のメンバーの印を見ても、2強とそれに続くのはバラバラ…という今年の競馬を象徴する混戦模様。本紙見解でも書きましたが前走の結果で大きく人気を落とした馬が巻き返すことは、十分想像できます。馬券の妙味はこのあたりの馬にどのように分散させて買うかですね。

それでは皆様、チャンピオンズカップを楽しみましょう♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。