Archive for 11月 2014

[ダッスポ]11/30 第34回ジャパンカップ(G1)

皆様こんばんは!開門ダッシュ部です。
明日は愈々ジャパンカップですね!我々がこの秋深まった寒さに負けず、東京競馬場を駆ける日です。

先々週のザキ、こうじに続いて、先週のマイルチャンピオンシップでは、副部長ともが本線的中!
ようやくエンジンが温まった開門ダッシュ部。ここで師走に向けて懐も温かくなる予想をお届けします!

34Japancup[本紙PDF版]

今回はダッシュ部記者陣の印を基にしたD指数に関するグラフに、
AM0時時点のオッズから算出した単勝支持率を重ねたものを作ってみました。
単に私たちの印の傾向と世の中の支持とが、どれだけの乖離があるかを測るだけのものなのですが。

上位人気は折れ線グラフの山形とD指数の山の動きとほぼ連動していますね。
ジェンティルドンナの人気が世の中の支持より少し顕著になっているのが見えます。
また、少しハープスターとイスラボニータが嫌われている感じですがしますね。

個人的な意見で、ハープスターは古馬とも渡り合えると思うのですが、
さすがに凱旋門賞からJCというローテーションは3歳牝馬には厳しいと考えています。

皆様はどのような馬券作戦を練られていますか?
それでは、ジャパンカップを楽しみましょう♪

副部長の調教診断(2014年48回目)

先週のマイルチャンピオンシップ、東スポ杯2歳Sのショックから立ち直れていません・・・。
今月の収支、恐ろしくて計算できていません・・・。
今週こそは!!!

【京都2歳S】
◎ダノンメジャー
◯アイオシルケン
▲ティルナノーグ
△テイエムダンシング

【京阪杯】
◎レッドオーヴァル
◯アースソニック
▲ローブディサージュ
△アフォード

【ジャパンカップ】
◎ジェンティルドンナ
◯ハープスター
▲フェノーメノ
△トレーディングレザー

副部長の調教診断(2014年47回目)

どうも、今月絶不調の副部長です。

ここ最近の成績は、先週のデイリー杯2歳Sで安い目がやっと当たったぐらいです。
今週も印を打ってから人気や戦績を見て、
『期待できないなぁ・・・』という感想。
今は高く跳ぶ為に膝を曲げて勢いをつけている段階だと思いたいものです。

【マイルチャンピオンシップ】
◎グランデッツァ
◯トーセンラー
▲ダノンシャーク
△ロゴタイプ

【東京スポーツ杯2歳S】
◎ディアコンチェルト
◯アブニールマルシェ
▲グァンチャーレ
△クラージュシチー

照準は早くも来週に迫ったジャパンカップに向いています。
ここ数年惨敗続きなので、JRAさんに預けているお金を利息付きで返してもらいたいものです。

ジャパンカップは一緒に走ってくれる方を募集しています。
詳しくは今週のダッスポの記事をご参照下さい。

[ダッスポ]11/23第31回マイルチャンピオンシップ(G1)

こんばんは、開門ダッシュ部です。
先週のエリザベス女王杯、見事ラキシスで私とザキ記者が的中。ようやくここにきてエンジンが掛かってまいりました!

さて今週は「Japan Autumn International 第31回マイルチャンピオンシップ」が京都で行われます。
トーセンラーの鮮烈なごぼう抜きが記憶に新しいですね。今年もあっさり連覇してしまうと私自身はにらんでいます。
ではダッスポ発行です。

31MileCS[本紙PDF版]

オッズのように、人気が割れていますね。そんな中で1番人気となったのがワールドエース。
2番人気は、こば記者効果かフィエロになりましたね。

印とは関係ないのですが、じゃす家から入ったサインだと、
JRAのフェイスブックで明日のG1告知として記事に挙がっていたのが…

1992年ダイタクヘリオス連覇!だそうです。

もう22年もたつのか…って感傷に浸るんではなくて、トーセンラーの連覇を暗示しているのでは?
というぶっこみ。なるほどね!

それでは皆様、マイルチャンピオンシップを楽しみましょう♪

副部長の調教診断(2014年46回目②)

日曜日の分です。

【福島記念】
◎フィロパトール
◯ナカヤマナイト
▲ウインマーレライ
△アンコイルド

【エリザベス女王杯】
◎スマートレイアー
○ショウナンパンドラ
▲ヌーヴォレコルト
△ブランネージュ

福島記念、3連覇がかかるダイワファルコンはギリギリ印が回らなかった5番手評価です。
今年の福島最終日、外差しだと思いますが、そんな時にまんまと逃げ勝ってしまうこともあるのが魔物が住む福島コース。
映像が無くて診断対象から外れた、ミキノバンジョーなんかも怖い存在です。

エリザベス女王杯は、3歳馬と古馬をどう組み合わせるか。
3歳馬が総崩れという事も考え難いですし、
古馬が総崩れという事も考え難いレースです。
古馬の中には牝馬限定戦で怖さを見せるうまも多いですし、福島記念ほどではありませんが、こちらも怖いレースです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。