Archive for 10月 2016

副部長の調教診断(2016年42回目)

今週から本格的に秋のG1連戦がスタートしますね。
中央ではG1の無い11月1週目には、
メルボルンCとBC、JBCという息もつけない日程です。

ダッシュ部にとっての秋の大一番、
天皇賞(秋)に向けて勢いをつけたいところです。

【府中牝馬S】
シングウィズジョイ

【秋華賞】
パーシーズベスト

府中牝馬Sの診断に困りました。
これまでの実績から本命の最有力候補だった
スマートレイアーが調教映像無し。
仕方なく映像のある馬の中から選びましたが、
調教診断対象外馬となってしまったスマートレイアーも
注意しておく必要があります。

副部長の調教診断(2016年41回目②)

鬼門の3日間開催、まんまとやられています。
今日は最終日、京都大賞典と南部杯がありますね。
調教診断は京都大賞典のみが対象です。

【京都大賞典】
タマモベストプレイ

キタサンブラックが不動の人気ですけど、どうも動きがよく見えませんでした。
そんな仕上げでも勝ってしまう程の力差はありそうですが。
スペシャルウィークが生涯唯一掲示板を外したり、
テイエムオペラオーがステイゴールドに先着されたりと、
時々何かが起こる京都大賞典。
今年はそれに期待するしか中穴党は楽しめません。

ついでに南部杯ですが、盛岡ならコパノリッキーよりベストウォーリアが上だと思います。
武騎手がキタサンブラックに乗るため、コパノリッキーは久々の田辺騎手なのに対し、
ベストウォーリアは戸崎騎手を確保し万全な体制です。

副部長の調教診断(2016年41回目①)

先週は調教予想の第一人者井内さんが酷評してた
ミッキーアイルで馬券を取れたので、
配当以上に満足度が高い結果でした。
が、井内さんの本命ソルヴェイグの複勝の方がおいしそうではありましたw

凱旋門賞は1着は予想通りの結果でしたね。
2,3着はA・オブライエン厩舎とガリレオの血の底力を見せつけられました。
A・オブライエンBOX、ガリレオBOXは買っておくべきでした。

来月は、メルボルンCとBCフィリー&メアターフですね。
メルボルンCは偶然休みを取ってる日なので、オンタイムで観戦したいと思います。
平日なのでそこまでの売り上げではないと思いますが、
今回も日本馬を買う事はないでしょう。
日本馬を買っても良いのは、香港とドバイだけだと思ってます。
日本馬が勝たない事が浸透するまでが勝負ですね。

今週は鬼門の3日間開催です。
また遠征中な為、土日分と月曜分の2回に分けて
予想を上げさせて頂きます。

【サウジアラビアRC】
ウィンドライジズ

【毎日王冠】
アンビシャス

[ダッスポ]第50回スプリンターズステークス(G1)・第95回凱旋門賞(G1)

皆様おはようございます、開門ダッシュ部です。
秋競馬が始まりました!ここから年末まであっという間ですが、良い思いしたいですね。
今回はスプリンターズステークスに合わせて、凱旋門賞の予想もご提供いたします。

第50回スプリンターズステークス(G1)

2016sprinters[本紙PDF版(スプリンターズステークス)]

ビッグアーサー1強ですが、各メンバー予想が割れて完全無印は1頭のみ。
昨年同様、2~3着は意外性のある馬の可能性もあり、連勝系馬券はなかなか難しいレースです。
本紙・ハスラーは今年から単勝馬券のロジックを調整し、高い次元の回収を続けていますが
彼の本命はネロ。ほか、ネロを支持する印は多くダッシュ部内の支持はビッグアーサーの次となっています。
調教が良かったと辻三蔵氏や副部長・ともから支持を受けたのは2枠3枠の4頭。
これらを絡めれば連勝馬券はなかなか楽しみなものになりそうですね。

これを当てて、旬の秋刀魚を夕飯に頂きたいですね…

第95回凱旋門賞(G1)

2016arc[本紙PDF版(凱旋門賞)]

JRAが公式に海外の馬券発売を開始します。インターネット限定なので、馬券購入する場合はPATとそれへの入金が必要になりますのでご注意ください。
今年のダービー馬・マカヒキが世界最高峰のレースの一つ、フランス凱旋門賞に出走します。
前哨戦は僅差で勝ちましたが5頭立てという特殊な状況もあり、この結果をどう見るかが馬券勝負のカギになると思います。
フランスに慣れたと見る向きや、まったく参考にならないし惨敗もありうる…という見解もあるでしょう。
ダッシュ部内では…「3~4番手?」という見解。
これまでの日本馬の成績といえばエルコンドルパサー2着、あのディープインパクトで3位入線、
またナカヤマナイト2着、オルフェーヴルは2着。
凱旋門賞の壁は想像以上に高く、越えるのは相当難しいですね。
マカヒキが越えてくれるのか、夜11時過ぎに見守り、ぜひ旨酒を酌み交わしたいですね。

それでは皆様、スプリンターズステークスと凱旋門賞を楽しみましょう♪

副部長の調教診断(2016年40回目)+α

先週はミッキーロケットが惜しい競馬をしてくれました。
あそこまでいったら頭で来てほしかったです。

さて、今週は秋のG1開幕です。
そして、待ちに待った海外馬券発売レース第1弾の凱旋門賞もあります。

【シリウスS】
トーシンイーグル

【スプリンターズS】
ミッキーアイル

シリウスSは下手なオープンより酷いメンバーですね。
来週の白山大賞典とメンバーを丸々入れ替えて欲しい程です。
このレース、阪神ダート2000mという特殊な距離で行われるんで、
変な馬が走ったりするんですよね。そしてリピーターレースでもあります。
調教のデキからはトーシンイーグルとシンゼンレンジャーで迷ったのですが、
リピーターのトーシンイーグルに重い印を打ちました。

スプリンターズSは、例年より常連メンバーが少なく
何が勝ってもおかしくない感じです。
前走、逃げてしまったビッグアーサーが前に行かなきゃどうにもならない
最内枠に入ってしまったあたりを考えると人気通りにいかない気がしますね。
調教の動きが良かったのは8枠2頭でした。
枠の総流しも考慮に入れつつという感じです。

【凱旋門賞】
◎レフトハンド
◯ハーザンド
▲ファウンド
△ポストポンド
☆シルバーウェーヴ

凱旋門賞は ◎ラクレソニエール、▲アイダホ と決めていたのですが、
悲しい事に2頭とも回避してしまいました。
印上位4頭は順当に考えてこんな感じでしょう。
5番手評価をシルバーウェーヴにするか、マカヒキにするか迷いましたが、
斤量を取るか、騎手を取るか、悩んだ結果、
視点を変えて内枠にいるシルバーウェーヴを選択ひ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。