Archive for 12月 2018

[ダッスポ]第35回ホープフルステークス(G1)

おはようございます。開門ダッシュ部です。
有馬記念が終わっていよいよ年の瀬、すぐにお正月ですね。

1年の締め括りというより来年の先取りという気分になるホープフルステークス。
G1昇格2年目となりますが、今年はどうなるでしょうか。

本紙見解

圧倒的人気のサートゥルナーリア、確かに強いです。本来であれば本命ですね。しかし可能性を追いかけるならばミッキーブラックを推したいと思います。
前走の京都2歳S、出遅れが響いての4着でしたがそれでも3コーナーは先団に入っての最後力尽きての4着ならば、むしろ今回うまく走れば…と考えられるものです。中山・芙蓉Sでの勝利もあるのは心強く、鞍上は若き天才O.マーフィー騎手。期待の若手が手を組み、来年への希望を膨らませてくれることを期待します。
前述のサートゥルナーリアは血統背景含めて説明不要、これまでのレース内容も立派なものです。やはり外せません。この2頭から2000で勝ちのあるアドマイヤジャスタ、地道に重賞を連勝しているニシノデイジー、まともに走った時のブレイキングドーンと鬼脚を持つジャストアジゴロへ流したいところですね。
本紙として見解を述べるのは今回でいったんおしまいとなります。ダッスポポイントレースで圧倒的最下位と情けないシーズンになってしまいました。来年は失地回復して改めて本紙の椅子を目指したいと思います。1年間ありがとうございました。

さてダッスポ予想陣の見解ですが、やはり2歳戦で難解さが出ています。ただオッズ通りサートゥルナーリア中心に印が集まっていますね。全員の印が集まっているのはアドマイヤジャスタなんですね。ルメールが1年を締めるのか注目ですね。

それでは皆様、ホープフルステークスを楽しみましょう♪

[ダッスポ]第63回”グランプリ”有馬記念(G1)

皆様おはようございます。開門ダッシュ部です。

まず先週の朝日杯のダッスポの日付が誤植でした。
あまり気にされている方は多くないと思いますが、大変申し訳ありませんでした。。。

さて中央競馬の「締め」となる有馬記念ですね。
各々の夢を希望を託した、楽しむ予想をご覧ください。

本紙見解

レイデオロを中心に。キタサンブラックが引退して混沌としている中央競馬の中距離路線に、ようやく信頼できる大将格が名乗りを上げた。天皇賞は慣れ親しんだ府中のターフをルメールと快勝。これがダービー馬であり、俺がこのターフを支配するという気概が感じられた。中山コースとの相性も、その1走前のオールカマーで払拭。安定した走りはメンバー中随一であり、この馬から買うのが今年の締めにふさわしいと感じた。
しかしながら締めの主役は1頭ではなかった。一人の酔狂な(失礼)オーナーの一存で障害界から有言実行して有馬記念に出走したオジュウチョウサン。前走が1000万条件であり普通ならばここでは見送るのが当然であるが、ファン投票3位で鞍上が武豊。能力以外での期待値は計り知れない。当然惨敗も見越してだが軸の2頭目に挙げたい。

天皇賞、JC以外から参戦の馬でダッスポメンバーの支持を集めたのはモズカッチャン。昨年のクイーンズリングのように牝馬での上位入着は果たしてあるのでしょうか。

夢と期待が詰まったレースなので、本当に予想が難しいレースになりましたが、ここにすべてのホースマンや競馬ファンの夢、期待が込められていると考えると馬券以外の部分も楽しみになりますね。

それでは皆様、年末のグランプリ有馬記念を楽しみましょう!!

[ダッスポ]第70回朝日杯フューチュリティステークス(G1)

おはようございます。開門ダッシュ部です。
先週の阪神JF、やたら堅調な配当でしたが皆様はいかがでしたか?
物入りな時節になってきましたから、今週も当ててクリスマス・お正月へ向けて資金を膨らましていきましょう!

本紙見解

グランアレグリアの壁を、ドゴールが乗り越えることを期待したい!
冒頭から希望ベースでの話になってしまうが上りの豪脚には定評があり、過去2戦ともに出走メンバー最速の上りを示している。前走のサウジアラビアRCにしても出遅れさえなければグランアレグリアといい勝負も可能だった。鞍上は中堅の津村騎手でG1こそ勝利はないが、順調に仕上がった今回は出遅れ癖という壁を乗り越え、絶対的人気のグランアレグリアも越えてくれると信じている。

ダッスポ上の人気はグランアレグリア、ファンタジスト、ケイデンスコールの3頭に集まっていますね。中でも毎年恒例の武豊騎手の日本G1全制覇に向けた話題にこのレースが上がりますが、ファンタジストがその足掛かりを作ってくれるのか注目が集まりますね。

それでは皆様、朝日杯フューチュリティステークスを楽しみましょう!

[ダッスポ]第70回阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)

皆様こんにちは。開門ダッシュ部です。
発行がすっかり遅くなってしまいましたー。早速行きます。

本紙見解

連勝馬が多い中、タニノミッションを本命に。ウオッカの仔がようやく日の目に。母の走りを彷彿とさせる新馬戦が非常に印象に残る。直線からいざエンジンをかけるとじりじりと先頭に追い付き、とたん一気に突き放す走りに大物感を感じる。なんてそれっぽいことを書いていますが、結局のところ2歳戦は思い入れ。これとひらめいた馬がこの馬でした。浜中が久々に美酒を味わえるのではと思っています。
ペースは速くならなそうな予想でいますので、上り勝負でダノンファンタジー、クロノジェネシスは外せないでしょう。そこにシェーングランツを加えて、惑星としてメイショウケイメイとベルスールを添えたいですね。しかし迷うレースだ!(こうじ)

他のメンバーの印も散り散りですね。2歳は難しいし、最近は重賞レースが増えたために有力馬がこのレースで初めて顔を合わせる展開も予想の難しさに拍車をかけていますね。

難解ですが、それでこそ楽しみ買いがありますね!
それでは皆様、阪神ジュベナイルフィリーズを楽しみましょう♪

[ダッスポ]第19回チャンピオンズカップ(G1)

こんにちは。開門ダッシュ部です。
先週のジャパンカップは平成の30回をすべて見た方にはとても印象的だったのではないでしょうか。アーモンドアイの強さと、2.20.6という驚異的な走破時計に。実況もそうでしたが、僕らもその衝撃に鳥肌が立ちました。
レース後も大きなダメージは無さそうなようで、来年はついに世界の強豪との対決に期待が膨らみますね。

さて師走に入りました。今年のJRA・G1レースもあと5つ。頑張っていきましょう!

本紙見解

日本テレビ盃→JBCクラシックを勝ったケイティブレイブとJDD→南部杯を勝ったルヴァンスレーヴが初対決。3歳馬のルヴァンスレーヴが一気にダート界の勢力を塗り替えると見ている。振り返ると昨年末の川崎を無敗で勝利、今年4月の伏竜Sでわずかに取りこぼしたが重賞は連勝、そして秋の盛岡で古馬勢を一蹴。ペースを問わず安定した走りが身上。相手は強化されるがここも越えられる壁と見ている。
2番手にはサンライズソア、先行力が魅力で1800に短くなるのも有利になるだろう。そして安定なかなかしないけれどアポロケンタッキーはこんなに人気落ちしてしまう馬ではないと考える。中京のような直線が長いコースで光ると考える。また同様にダート女王アンジュデジール、インカンテーション、ノンコノユメも注目したい。
1年間安定した実績を積み上げてダート界の新帝王を戴冠したケイティだが、取りこぼしたのがフェブラリーステークス。距離もそうだが坂に不安があると見ている。昨年よりもメンバーランクは落ちたように見えるが、今年の3歳は強い。そこを警戒して結局今年も着外に…という結末も見える。

他のメンバーの印を見ても、2強とそれに続くのはバラバラ…という今年の競馬を象徴する混戦模様。本紙見解でも書きましたが前走の結果で大きく人気を落とした馬が巻き返すことは、十分想像できます。馬券の妙味はこのあたりの馬にどのように分散させて買うかですね。

それでは皆様、チャンピオンズカップを楽しみましょう♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。