プレビュー TCK女王盃(Jpn3)②

都内で初雪を観測したそうです。そりゃ寒くなりますね。
霜が降りるほどですから凍結防止剤も撒くし、ダート馬場はパワーがいる季節になりましたね。

さて本日は5枠からのプレビューです。

5枠5番 ディアマイダーリン(美浦)

前走初ダートでいきなりグレード初制覇。
出走馬水準は低く軽ハンデ、勝ちタイムも船橋では標準的なものであると感じ、
大きくは評価できないところですね。前走から斤量が2キロ増えてどうなるか。

6枠6番 ティーズアライズ(大井)

昨年の東京プリンセス賞優勝馬。
その後は中距離線を転戦するも苦戦続き。前走の古馬戦も1.4秒差の4着と
ダートグレードは敷居が高い気がします。

6枠7番 ホワイトフーガ(美浦)

昨年のJBCレディスクラシックを勝ち、新女王となりました。
強い勝ち方でしたし今回は56キロ。何より大井が合うので絶対的軸と見ています。

7枠8番 タッチデュール(笠松)

ユーセイクインサー同様、笠松からのダートグレード常連馬。
後方追走のまま、何もせずに1周して終わるものと見ています。

7枠9番 タマモブリュネット(美浦)

1600万下条件クラスですが、昨年の川崎ダートで勝っていて
またレパードステークス3着と重賞でもある程度見込めるレベルです。
昨年暮れの中山で直線伸びないところが心配の種です。

8枠10番 ボルテックスセドナ(金沢)

中央未勝利のまま金沢へ転出。5連続連対を果たしてB級条件を卒業。
そのうち金沢の重賞レベルまで上がれるかもしれませんが、
いきなりダートグレードは敷居が高いかと思われます。

8枠11番 セキショウ(美浦)

芝に見切りをつけてダートへ。ホーネットピアスの仔なのでダートを走る見込みはありますが
なにぶん旬が過ぎた感があります。半妹トーコーヴィーナスのような活躍を期待できるか。

以上の11頭で争われる明日のメイン。
軸だけ堅くてヒモが難解すぎます。予想は明日公開します。

The following two tabs change content below.
こうじ

こうじ

中穴党。旅打ち好き。変な[地][外]の複勝でトリガミを防いだり、一番不思議な買い方をする。 サイト管理人。買い方に偏りあるのでやはり的中時は大きく、独り勝ちの場合が多い。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。