副部長の調教診断(2017年8週目①)

先週の調教診断は散々な結果でした。
特にフェブラリーS、推奨馬のベストウォーリアが2着に入り、先週唯一馬券に絡んだのですが、
ダッスポの印にあるように、
◎ベストウォーリア
◯ニシケンモノノフ
だったもので、フェブラリーSが1500mだったら…と何度も思うレースでした。

今週から開催変わりなので、流れが良い方に向いてくれる事を祈りたいと思います。

【アーリントンC】
カロス

調教は、カロス、キョウヘイ、レッドアンシェルが目を惹く動きを見せていました。
ただ、出遅れ癖のあるキョウヘイにとっては開幕週の馬場は不利と見てます。
近年はシャタリングの影響で、開幕週から差しが決まる事が多くなったのですが、
逃げ先行の優位さが多少緩和されたという程度なので、
近2走の感じだと飛んでも不思議はありません。

推奨馬のカロスはダートの未勝利を勝ち上がったばかりですが、
戦績をよく見ると芝でもそこまで負けていません。
近2走のダート戦で逃げる事を覚えたので、
芝に戻った今回も逃げれた場合、開幕週の馬場も手伝って、
穴を開けてくれるかもしれません。

The following two tabs change content below.
とも

とも

副部長(チーフツアープランナー)
小穴党。競馬ブックとJRA-VANを駆使したデータと、調教を重視した予想を展開。万馬券毎月的中を目指す。チーフツアープランナーとして、旅打ち企画の分刻みの詳細計画を担当。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。