副部長の調教診断(2017年15週目)

調教予想の不調から抜け出せません。
先週などは土曜に大負けしたのでやけになり、
日曜日は血統予想だけで馬券を買ったところ
前日の負け分を取り返すという、
素直に喜べない結果でした。

【アンタレスS】
ロワジャルダン

【皐月賞】
キングズラッシュ

今週の大きな話題はファンディーナの皐月賞参戦ですね。
正直なところ今年のクラシック世代の1番馬はこの馬だと思います。
先週のソウルスターリングもそうだったのですが、こういう時は視点を変えて見てみます。
ちなみに先週は『美浦追い切りの関東馬』という切り理由が見つかりました。
ファンディーナのデビューは1月22日、かなり遅いデビューです。
過去30年ぐらいで皐月賞を勝った遅いデビューの馬を調べた結果は以下の通り。
ヤエノムテキ(2月27日)
ミホシンザン(1月6日)
セイウンスカイ(1月5日)
ダイワメジャー(12月28日)
ディープインパクト(12月19日)

遅いデビューの皐月賞馬はG1を複数回勝っている馬ばかりです。
この中に混じってもファンディーナは2番目に遅いデビュー。
こんなマイナス条件に加えて、ファンディーナは牝馬です。
普通に考えたら買えませんよね。

では代わりの有力馬は?という話になりますが、
過去5年間で勝率8割の共同通信杯勝ち馬のスワーヴリチャードが無難なところかと。

しかし、この予想は調教診断なので、調教の動きが一番良かったキングズラッシュに本命を打ちました。
父譲りで蹄が弱く5ヶ月の休み明け。そこだけが課題であり、不人気の理由です。
苦手の左回りでスワーヴリチャードの0.4秒差のレースをしているので、
休み明けさえ克服できれば、この人気はかなりオイシイと思います。

The following two tabs change content below.
とも

とも

副部長(チーフツアープランナー)
小穴党。競馬ブックとJRA-VANを駆使したデータと、調教を重視した予想を展開。万馬券毎月的中を目指す。チーフツアープランナーとして、旅打ち企画の分刻みの詳細計画を担当。

コメントください…(ToT)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。