カテゴリー
予想 競馬

第18回プロキオンステークス(G3)

夏の中京開催に移って2回目のプロキオンステークス。
昨年はトシキャンディの快足ぶりに舌を巻いたのを覚えています。

トシキャンディは連覇を狙って今年も参戦しますが、状況が違うため消しとします。
牝馬の7歳、そして5ヶ月半の休み明けでまだ調子は上向きで無いと、買う材料がありません…

◎(1)セイクリムズン
函館常駐状態の岩田が戻ってくるというのが一番大きなところです。
今年はG1以外のすべてのレース(重賞)で馬券圏内という安定感。
引き続き安定した状態とのことで中心視。

○(2)シルクフォーチュン
昨年5着は出遅れて0.2秒差。タラレバは禁物だがトシキャンディを逆転できた可能性は高い。
千四の実績は言わずもがなで、前2走の芝は考慮から外して良いでしょう。
しっかり追い切っているようなので、ここは期待して良いと思います。

▲(8)エアウルフ
中京ダート千四のレコードホルダー。臨戦過程は昨年レコードの桶狭間S勝ちよりもむしろ良く、
前走は東京ダート千四で差の無い2着。手の合う浜中確保で連対圏内と見る。

△(4)ガンジス
休み明けになるが、4歳夏で本賞金が半減。秋競馬のためにはぜひとも賞金を積み上げたいところ。
矢作厩舎が小牧太を確保。初コンビになるが、ダートで小牧なら2割増し。休み明け分を帳消しにしてくれる。

△(5)アドマイヤロイヤル
重賞の常連になりつつあるが、なかなか勝ちきれない。
追い切りの状況が抜群だったようだが、どうしても軸にはできない。勝ったらごめんなさいだけど。

△(9)アドマイヤサガス
橋田厩舎のアドマイヤならば、むしろこちらの方に妙味がある。
もちろん実績はロイヤルが上だが、1歳若いサガスに期待を込めたい。

☆(10)エーシンウェズン
買わないと怖い馬はこの馬か。池添への手替わりがどう影響するかだが、
やはり左回りのダート千四で実績がある。休み明けの方が走りやすいという話もあるので押さえで。

前夜の単勝オッズが単勝6倍台で1番人気と、相当人気が割れています。
3連複で(1)-(2)(8)-(2)(4)(5)(8)(9)(10)の9通り。傾斜をかけなくてもトリガミは防げそうです。

福島の七夕賞(G3)は(14)ラッキーバニラ、(9)サトノパンサー辺りから穴を狙います。
函館のマリーンステークスは(1)ロングロウを中心に攻めてみようと思います。

以上(こうじ)

The following two tabs change content below.
こうじ

こうじ

中穴党。旅打ち好き。変な[地][外]の複勝でトリガミを防いだり、一番不思議な買い方をする。 サイト管理人。買い方に偏りあるのでやはり的中時は大きく、独り勝ちの場合が多い。
こうじ

作成者: こうじ

中穴党。旅打ち好き。変な[地][外]の複勝でトリガミを防いだり、一番不思議な買い方をする。
サイト管理人。買い方に偏りあるのでやはり的中時は大きく、独り勝ちの場合が多い。