[ダッスポ]第78回桜花賞(G1)

おはようございます。開門ダッシュ部です。
クラシックが始まります、桜花賞です。1番人気が最近勝てていないようなのですが、今年の絶対王者はさくらの女王になれるのでしょうか。。。

本紙見解

オルフェーヴル産駒の「もう1頭」として昨年末の阪神JFで紹介されたラッキーライラックが、今年の牝馬クラシックの主役として1冠目に挑みます。
なにより前走で同じコースでG1勝ち、また前走も完勝していることから人気の中心となることは納得。問題は最内枠をどのようにこなすのか、石橋騎手の手綱捌きに注目が集まります。

関東馬、アーモンドアイがルメール騎手を招き逆転Vを狙っていますが、いかんせんシンザン記念からの直行が気になります。それならば順調に叩けたリリーノーブルやマウレアを上位に、また内めの枠を獲れたリバティハイツ、レッドサクヤ、スカーレットカラー辺りも魅力があります。

ペースは極端には早くならないでしょうから、34秒を切る脚を持つ馬たちが4コーナーまでにどのような位置にいられるかが鍵になるでしょう。そういう意味でも大外分回しよりかは内枠側にアドヴァンテージがあると見ています。

今日はいい競馬日和になりそうですね。それでは桜花賞を楽しみましょう♪

The following two tabs change content below.
こうじ

こうじ

中穴党。旅打ち好き。変な[地][外]の複勝でトリガミを防いだり、一番不思議な買い方をする。 サイト管理人。買い方に偏りあるのでやはり的中時は大きく、独り勝ちの場合が多い。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。