[ダッスポ]第19回チャンピオンズカップ(G1)

こんにちは。開門ダッシュ部です。
先週のジャパンカップは平成の30回をすべて見た方にはとても印象的だったのではないでしょうか。アーモンドアイの強さと、2.20.6という驚異的な走破時計に。実況もそうでしたが、僕らもその衝撃に鳥肌が立ちました。
レース後も大きなダメージは無さそうなようで、来年はついに世界の強豪との対決に期待が膨らみますね。

さて師走に入りました。今年のJRA・G1レースもあと5つ。頑張っていきましょう!

本紙見解

日本テレビ盃→JBCクラシックを勝ったケイティブレイブとJDD→南部杯を勝ったルヴァンスレーヴが初対決。3歳馬のルヴァンスレーヴが一気にダート界の勢力を塗り替えると見ている。振り返ると昨年末の川崎を無敗で勝利、今年4月の伏竜Sでわずかに取りこぼしたが重賞は連勝、そして秋の盛岡で古馬勢を一蹴。ペースを問わず安定した走りが身上。相手は強化されるがここも越えられる壁と見ている。
2番手にはサンライズソア、先行力が魅力で1800に短くなるのも有利になるだろう。そして安定なかなかしないけれどアポロケンタッキーはこんなに人気落ちしてしまう馬ではないと考える。中京のような直線が長いコースで光ると考える。また同様にダート女王アンジュデジール、インカンテーション、ノンコノユメも注目したい。
1年間安定した実績を積み上げてダート界の新帝王を戴冠したケイティだが、取りこぼしたのがフェブラリーステークス。距離もそうだが坂に不安があると見ている。昨年よりもメンバーランクは落ちたように見えるが、今年の3歳は強い。そこを警戒して結局今年も着外に…という結末も見える。

他のメンバーの印を見ても、2強とそれに続くのはバラバラ…という今年の競馬を象徴する混戦模様。本紙見解でも書きましたが前走の結果で大きく人気を落とした馬が巻き返すことは、十分想像できます。馬券の妙味はこのあたりの馬にどのように分散させて買うかですね。

それでは皆様、チャンピオンズカップを楽しみましょう♪

The following two tabs change content below.
こうじ

こうじ

中穴党。旅打ち好き。変な[地][外]の複勝でトリガミを防いだり、一番不思議な買い方をする。 サイト管理人。買い方に偏りあるのでやはり的中時は大きく、独り勝ちの場合が多い。

コメントください…(ToT)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。