[ダッスポ]第79回桜花賞(G1)

皆さんこんにちは、開門ダッシュ部です。
新元号が発表され、新しい時代の始まりが見えてきました。

競馬は常に新しい時代がやってきますが、その時代の中心となれる馬が
この桜花賞のメンバーにいるのでしょうか。

桜花賞 本紙見解

全頭の最終追い切りを見ると、仕上がりと人気がリンクしない結果となった。
今年のG1は例年と比べ波乱傾向にあるが、今週もその流れが継続しそうな気配。

調教評価1番手はメイショウメイケイ。マイルという距離に不安があるが、展開がハマれば一発の可能性を秘めた好仕上がり。
2番手評価も人気薄が予想されるアウィルアウェイ、上位人気が予想されるダノンファンタジーは動きは申し分無いが、芝コース追い切りに不安が残る。チューリップ賞で強い勝ち方をした馬があっさり負けるというのも桜花賞でよく見る光景。過信は禁物。

出走全頭の調教診断は以下の通り。
(数字は順位/区切り線は仕上がりの差の大きさを表現)
ーーーーーーーーーーーー
1.メイショウメイケイ/栗坂/好仕上がり一発有り
ーーーーーーーーーーーー
2.アウィルアウェイ/栗坂/脚取りと力強さ良い
3.ダノンファンタジー/栗芝/芝追い切りだが動き十分
4.ジュランビル/CW/コース追い上位
5.グランアレグリア/南W/同厩舎ならこっちが上位
6.アクアミラビリス/栗坂/もう少し脚運びのまとまりが欲しい
ーーーーーーーーーーーー
7.フィリアプーラ/南W/コーナーでの加速は上手そう
8.シェーングランツ/南W/脚取り軽い
9.プールヴィル/栗坂/まとまりは良いが大外枠が課題
10.ノーワン/栗坂/タイムは出ているが…
11.ビーチサンバ/栗坂/追い切りイマイチ自力に期待
12.シゲルピンクダイヤ/栗坂/重さを感じる
13.クロノジェネシス/CW/素軽さが欲しい
14.ホウオウカトリーヌ/CW/もう少しまとまりが欲しい
ーーーーーーーーーーーー
15.レッドアステル/栗坂/前進気勢はあるが…
16.エールヴォア/栗坂/力強さに欠ける
17.ルガールガルム/美坂/足運び重め
ーーーーーーーーーーーー
18.ノーブルスコア/栗芝/足運びイマイチ

上記を踏まえて打った印は以下の通り。
◎メイショウメイケイ
◯アウィルアウェイ
▲ダノンファンタジー
△ジュランビル
★グランアレグリア
☆アクアミラビリス

追い切りの動きから印は回らなかったが、安定感抜群のビーチサンバ、クロノジェネシスあたりも抑えとく必要のある馬。
特にビーチサンバはクロフネ産駒という事もあり、オークスよりは桜花賞タイプ。ここをお釣りの無いメイチ仕上げの可能性もある。
強力な逃げ馬不在で、人気のダノンファンタジーとグランアレグリアが前目につける事が想定される展開、もし潰し合いになれば道中は流れについてきただけの切れ味のある短距離馬が穴を開ける事も予想される。(とも)

それにしても印は分かれましたね。3強というよりも難解というイメージです。
本紙ともも記したように穴を開けるレースになることもありそうです。

それでは皆様、桜花賞を楽しみましょう♪

The following two tabs change content below.
こうじ

こうじ

中穴党。旅打ち好き。変な[地][外]の複勝でトリガミを防いだり、一番不思議な買い方をする。 サイト管理人。買い方に偏りあるのでやはり的中時は大きく、独り勝ちの場合が多い。
こうじ

最新記事 by こうじ (全て見る)

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。