[ダッスポ] 第59回東京大賞典(G1)

やります!と言って今日の兵庫CTの予想できませんでした。有言不実行のこうじです。

皆様こんばんは。開門ダッシュ部です。
2013年にサイトをオープンして、秋のG1/Jpn1では何とかすべてダッスポを出せました。
明日が今年最後のG1、東京大賞典です。頭数は10頭と寂しいものになりましたが、最後にダート競馬の力強さを見せつけて1年を締めくくってほしいものです。

12月29日 大井10R 東京大賞典(G1)

59tokyodaishoten59tokyodaishoten

昨年の覇者ローマンレジェンドは、夏から秋にかけて王道を登り詰め、ジャパンカップダートでは苦汁を舐めましたが東京大賞典でついに栄冠を獲得しました。今年はここまで上げ潮で駆け抜けて初G1をを狙う…という馬は見当たりませんが、今年1年でダートの王道に駆け上がった馬を本線に指名します。

◎ ホッコータルマエ

4歳になってからようやく素質が開花して、佐賀記念から帝王賞までダートグレードを5連勝。
南部杯ではエスポワールシチーの後塵を拝しましたが、右回りの地方競馬であれば、この馬より先に行ける馬はいないでしょう。それくらい強い、今年を締めくくるにふさわしい馬です。

先週の有馬記念では、部長ハスラーが人生で最も愛している馬オルフェーヴルが優勝して引退しました。
私が人生で最も愛した馬はアブクマポーロです。川崎記念連覇、帝王賞、東京大賞典、かしわ記念、ダイオライト記念と南関東を代表するビッグレースで、JRAの強豪たちを赤子の手をひねるように勝ち続けてきた馬です。ホッコータルマエはJRAの馬ではありますが、かつてのアブクマポーロ彷彿とさせる強さを感じます。遅咲きの点、盛岡の坂に弱い点も含めて(笑)
来年はドバイ挑戦を標榜している同馬。ここで勝って弾みをつけてほしいところです。

それでは皆様、今年最後のG1東京大賞典を楽しみましょう!

The following two tabs change content below.
こうじ

こうじ

中穴党。旅打ち好き。変な[地][外]の複勝でトリガミを防いだり、一番不思議な買い方をする。 サイト管理人。買い方に偏りあるのでやはり的中時は大きく、独り勝ちの場合が多い。
こうじ

最新記事 by こうじ (全て見る)

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。