Tag Archive for 中山

[ダッスポ]第79回皐月賞(G1)

おはようございます。開門ダッシュ部です。
東京は桜の旬が過ぎようとし、初夏なのかな?という気候から一気に極寒まで突き落とされたり、散々な一週間でした。

毎週のように去り行く平成を振り返っていますが、今週はケーシー高峰師がお亡くなりになったり、寂しい話がまたありました。
しんみりした雰囲気が覆ってきましたが、馬券を当てて切り開いていきたいと思います。

皐月賞 本紙見解

最終追い切りを見ての感想は、前哨戦で期待通りの走りをできず、人気を落とす事が予想される馬達の仕上がりの良さ。
どうやら今週も固い決着にはならなそうな雲行き。GW前に活動資金を上手く稼ぎたいところです。
今週の調教診断は簡易版とさせて頂きました。

出走全頭の調教診断は以下の通り。
(数字は馬番ではありません。区切り線は仕上がりの差の大きさを表現)
ーーーーーーーーーーーー
1.ニシノデイジー
2.サトノルークス
3.アドマイヤジャスタ
4.アドマイヤマーズ
5.クリノガウディー
ーーーーーーーーーーーー
6.ナイママ
7.ダノンキングリー
8.ランスオブプラーナ
9.ファンタジスト
10.ダディーズマインド
ーーーーーーーーーーーー
11.ラストドラフト
12.メイショウテンゲン
13.シュヴァルツリーゼ
14.サートゥルナーリア
15.ブレイキングドーン
16.ヴェロックス
17.タガノディアマンテ
18.クラージュゲリエ

上記を踏まえて打った印は以下の通り。
◎ダノンキングリー
◯ニシノデイジー
▲サトノルークス
△アドマイヤジャスタ
★アドマイヤマーズ
☆クリノガウディー

先週、グランアレグリアがルメールを背に年明け初戦で勝ったからといって、似たようなローテーションでルメール鞍上だからとサートゥルナーリアが過剰人気するというのは、あまりにも安直過ぎる気がする。
そこに人気が偏るようであれば、シンザン記念→桜花賞と並ぶ隠れた黄金ローテである共同通信杯→皐月賞を重視したい。
調教第一の予想スタイルだから、上記のローテはそれを凌駕するという認識。調教もそこまで悪くない為、ダノンキングリーを本命とした。
対抗以降は調教評価順。
調教の上位5頭と6番手のナイママとは、結構仕上がりに差があるように見えた。その為、上位5頭のいずれかが馬券に絡む可能性が高いと見ている。

見解分かれてダッスポの印はだいぶ割れましたね。サイン派、データ派、難解だったようです。
それでは皆様、皐月賞を楽しみましょう♪

[ダッスポ]第35回ホープフルステークス(G1)

おはようございます。開門ダッシュ部です。
有馬記念が終わっていよいよ年の瀬、すぐにお正月ですね。

1年の締め括りというより来年の先取りという気分になるホープフルステークス。
G1昇格2年目となりますが、今年はどうなるでしょうか。

本紙見解

圧倒的人気のサートゥルナーリア、確かに強いです。本来であれば本命ですね。しかし可能性を追いかけるならばミッキーブラックを推したいと思います。
前走の京都2歳S、出遅れが響いての4着でしたがそれでも3コーナーは先団に入っての最後力尽きての4着ならば、むしろ今回うまく走れば…と考えられるものです。中山・芙蓉Sでの勝利もあるのは心強く、鞍上は若き天才O.マーフィー騎手。期待の若手が手を組み、来年への希望を膨らませてくれることを期待します。
前述のサートゥルナーリアは血統背景含めて説明不要、これまでのレース内容も立派なものです。やはり外せません。この2頭から2000で勝ちのあるアドマイヤジャスタ、地道に重賞を連勝しているニシノデイジー、まともに走った時のブレイキングドーンと鬼脚を持つジャストアジゴロへ流したいところですね。
本紙として見解を述べるのは今回でいったんおしまいとなります。ダッスポポイントレースで圧倒的最下位と情けないシーズンになってしまいました。来年は失地回復して改めて本紙の椅子を目指したいと思います。1年間ありがとうございました。

さてダッスポ予想陣の見解ですが、やはり2歳戦で難解さが出ています。ただオッズ通りサートゥルナーリア中心に印が集まっていますね。全員の印が集まっているのはアドマイヤジャスタなんですね。ルメールが1年を締めるのか注目ですね。

それでは皆様、ホープフルステークスを楽しみましょう♪

[ダッスポ]第63回”グランプリ”有馬記念(G1)

皆様おはようございます。開門ダッシュ部です。

まず先週の朝日杯のダッスポの日付が誤植でした。
あまり気にされている方は多くないと思いますが、大変申し訳ありませんでした。。。

さて中央競馬の「締め」となる有馬記念ですね。
各々の夢を希望を託した、楽しむ予想をご覧ください。

本紙見解

レイデオロを中心に。キタサンブラックが引退して混沌としている中央競馬の中距離路線に、ようやく信頼できる大将格が名乗りを上げた。天皇賞は慣れ親しんだ府中のターフをルメールと快勝。これがダービー馬であり、俺がこのターフを支配するという気概が感じられた。中山コースとの相性も、その1走前のオールカマーで払拭。安定した走りはメンバー中随一であり、この馬から買うのが今年の締めにふさわしいと感じた。
しかしながら締めの主役は1頭ではなかった。一人の酔狂な(失礼)オーナーの一存で障害界から有言実行して有馬記念に出走したオジュウチョウサン。前走が1000万条件であり普通ならばここでは見送るのが当然であるが、ファン投票3位で鞍上が武豊。能力以外での期待値は計り知れない。当然惨敗も見越してだが軸の2頭目に挙げたい。

天皇賞、JC以外から参戦の馬でダッスポメンバーの支持を集めたのはモズカッチャン。昨年のクイーンズリングのように牝馬での上位入着は果たしてあるのでしょうか。

夢と期待が詰まったレースなので、本当に予想が難しいレースになりましたが、ここにすべてのホースマンや競馬ファンの夢、期待が込められていると考えると馬券以外の部分も楽しみになりますね。

それでは皆様、年末のグランプリ有馬記念を楽しみましょう!!

[ダッスポ]第52回スプリンターズステークス(G1)

おはようございます!開門ダッシュ部です。
だいぶ長い夏休みをいただき、ご無沙汰をしておりました。

9月に札幌競馬が終わって「夏が終わったのか…」と感じてから
まもなく1か月が経ち、もう秋のG1シリーズが始まってしまうと漸く気づく
自分自身の準備の遅さに辟易しています。目を覚まさないと。

スプリンターズステークスはレッドファルクスが3連覇をかけて臨むわけですが、
今回戸崎騎手なんですよね…乗り替わりでマイナスの影響は少ないと思いますが、どう出るでしょうね。

カープが3連覇なのでレッドファルクスも3連覇!と話していたレーシングライターの方がいましたが、そんなにうまくいくものなのでしょうか…
ダッスポ予想陣の印をまとめると、ファインニードルに人気が集まっており、世のオッズとある程度リンクしてきます。春の王者であり、前哨戦のセントウルステークスもしっかり勝ったので死角は無いか…と思われているわけですね。

しかし、台風。今朝の時点で中山の芝は重、そして風も吹くだろう。
となると死角が見えてくるのではないか?少なくとも本命馬だけが盤石というわけではなさそうとなってくる。
ここはギャンブルかもしれないが謎の刺客が間隙を縫ってくるのでは…ということでわたくしが指名するのは香港のラッキーバブルズです。近況は地元G3でも惜敗続きなので何故?というお話もあると思いますが、宝塚記念のワーザーの如く、日本のG1で一花咲かす目論見で来ているはず。中山の直線で弾けるように駆け抜けるところをご期待ください。

それでは皆様、スプリンターズステークスを楽しみましょう♪

副部長の調教診断(2018年1週目②)

金杯で乾杯まではいきませんでしたが、
金杯で完敗にもならなかったので、
及第点の滑り出しと思いたいです。

3日間開催ですが、残り2日分は纏めて掲載します。

【フェアリーS】
テトラドラグマ
レッドベルローズ
アントルシャ

【シンザン記念】
アーモンドアイ
カフジバンガード
ブランモンストル

今年のシンザン記念には牝馬が4頭も出走してますが、
連に絡むような事があったら、桜花賞で全力買いする事をお勧めします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。