Tag Archive for 東京

[ダッスポ]第79回優駿牝馬(G1)

皆様おはようございます!開門ダッシュ部です。
初夏となり、クラシックも中盤でオークスです。
天気も良くなって好レースが期待できそうですね!

本紙見解

2強と言われていて、実際この2頭がどっちか勝つだろうなと思いますが、そこまで抜けた存在なのか?とも思えるメンバー構成。ラッキーライラック、アーモンドアイ2軸で3連複は危険と見て、他にも台頭する馬も探してみました。
まず軸はラッキーライラック。阪神JFを勝った時点で桜花賞かオークスは取れると見ていました。しかし桜花賞、勝ったと思ったとたん外から強襲に遭いよもやの敗戦。しかし距離が延びても心配ないところは強みで、この馬を中心とします。
そして桜花賞馬アーモンドアイ。もちろん無視はできないけれども距離の不安が付きまといます。負けるならば距離原因説が唱えられるため、思い切った競馬はできそう。やっぱり消せませんね。。。
3番手にはロサグラウカを。実戦で中距離中心でしたし、3戦目でのG1というのはフサイチコンコルドを思い出しますね。見落としてたらものすごく後悔する馬です。
以下、フローラSの脚が気になるサトノワルキューレ、魅惑的なオールフォーラヴ、そして須田鷹雄も言ってましたが桜花賞上位からも狙えということでマウレアを抑えたいと思います。

そういや、リリーノーブルを印付けてなかったですね。
オークスの飲み物といえばオークスリリーとケンタッキーでは決まっているくらいなのに。川田で内枠なのでちょっと嫌ってしまいました。

それでは皆様、オークスを楽しみましょう♪

[ダッスポ]第13回ヴィクトリアマイル(G1)

おはようございます。開門ダッシュ部です。
今週は天気が不安定で、体調も崩しやすかったですね。
寒暖差がこれだけあると、馬の体調管理も相当大変なのではないかと思います。
今週は寒いのも暑いのも大丈夫な馬、これがポイントかもしれません。

訂正

ちよの○はリスグラシューの誤りです。失礼しました。

本紙見解

毎年書いている気がしますが、このレースは本当に難解ですね。
人気の中心となるアエロリット、リスグラシューが実績からみると中心で、そこに昨年覇者アドマイヤリード、連勝して台頭のミスパンテールが追いかける様相。
飛びぬけた利点が各々にないため、カワキタエンカが作るであろうペースに惑わされない、総合力で考えてアエロリットを指名しました。
先行馬がバチバチやりあう展開にはならなそうで、かといってカワキタエンカ楽逃げ…というわけでもなさそう。それであれば楽に追走できそうな馬に加え、その後ろから直線の鋭い脚を持つ馬と絡め合わせればという考え方で、以下アドマイヤリードミスパンテールレーヌミノル…と続けました。
午後からまとまった雨があるという予報を聞き、雨の場合というオプションを考えながら★☆以外にも誰に流すか考えて馬券を組み立てたいと思います。

それでは皆様、ヴィクトリアマイルを楽しみましょう♪

[ダッスポ]第23回NHKマイルカップ(G1)

こんにちは、開門ダッシュ部です。
天皇賞、難しかったですね…我々はザキが独り勝ちをおさめ、GWを楽しんでいるようです。

ほかの面々はこのレースで連休の出費を補填できるようにしないといけませんね…

本紙見解

強烈な軸馬は不在で、今年は混戦とみています。そこで期待感も込めてカツジを中心に。なにより前走の強烈な末脚。不利があったにもかかわらずゴール前できっちり勝ち切っての権利取り、これを府中のマイルでも再現することを期待します。
もちろん、ペースがそれほど速くならないということで、二の矢、三の矢も考えないといけません。そこでピックアップするのがテトラドラクマパクスアメリカーナ。好位で競馬ができてかつ、タワーオブロンドンほどマークはきつくならなそうなところがポイント。
3連単…点数広がりそうですが、上記3頭を中心に、△★☆とさらに気になるところとしてはプリモシーンダノンスマッシュギベオンカシアスあたりでしょうか。ここまで散らばすならば3連複かな。

というわけで本紙も迷走していますが、ダッスポの印自体各々散らばっている状況。混戦を物語っていますね。

それでは皆様、NHKマイルカップを楽しみましょう♪

[ダッスポ]第35回フェブラリーステークス(G1)

皆様、おはようございます。
2018年のJRAG1がいよいよ始まります。つい先日お正月を迎えたかと思いましたが、あっという間に2月も半ばでフェブラリーステークスの時期です。今年も豪華なメンバーが揃いましたね。

G1の週恒例のダッスポですが、今年から横組みにしてみました。

また今年からメンバーの予想結果を出来るだけリアルタイムに反映すべくシーズン累計と前回レース成績を公表しています。
取り急ぎ今回だけ昨年の累計と直近のホープフルSの成績を載せました。

本紙見解

さて、今年のフェブラリーステークスですが前年のJRA最優秀ダートホース・ゴールドドリームに支持が集まりました。しかし私は2番手まで。昨年一番実績を伸ばしてきたテイエムジンソクを推します。東海ステークスをステップにした馬はあまり成績が伸びないとか、古川騎手の経験値とか、マイナス要素が昨日再三周囲から聞かされましたが、エルムステークス以降次々と大きなステージで活躍。ここで晴れて中心となってビッグタイトル獲得と行きたいところです。

レースはケイティブレイブが逃げる展開になるでしょう。直線が長いコースですので4コーナー辺りからが勝負どころとなるかと思われます。先行勢が進出するポイントによってはテイエムジンソクが直線先頭で押し切るのか、後ろから来るゴールドドリームが昨年末の中京G1のような末脚を炸裂させるか…そんな紙一重な展開が予想される難しい一戦となるでしょう。(こうじ)

今年から予想の印を1頭増やせるようになり(◎○▲△★☆)、予想の幅が広がりました。サイン的観点・実績からもゴールドドリームがやはり勝つのか、上がり馬テイエムジンソクなのかもしくは第3の馬がそこに風穴を開けるのか期待できそうです。

それでは皆様、フェブラリーステークスを楽しみましょう!!

[ダッスポ]第37回ジャパンカップ(G1)

皆様こんにちは、開門ダッシュ部です。
マイルチャンピオンシップで印は良いところだったのですが、馬券が3連複だったので「残念ながら」外してしまった私ですが、徐々に光明が見えてきたわけなので悲観視しておりません。今週は当てましょう!

というわけで海外から4頭を招いての17頭立てとなった今年のジャパンカップ。
やはりというか、前走天皇賞秋のレースが強烈に印象に残っているキタサンブラックが人気を集めています。そしてクビ差敗れましたが同じく死闘を演じたサトノクラウンと、今年のダービー馬レイデオロが10倍を割る単勝オッズで人気を分け合っていますね。

天皇賞組の疲労度合は計り知れませんが、もうこれは結果を見るまではわからないでしょうから、一旦見ないことにします(笑)

海外勢はどうなのでしょうね。昨年を経験しているイキートスと、ドイツで先着2回あるギニョールが密かな穴候補なのですが、アイダホはあのハイランドリールの弟ですしね…

迷いに迷うG1。最終的には単勝しか買えないかもしれません。

それでは皆様、ジャパンカップを楽しみましょう♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。