Tag Archive for G1/Jpn1

[ダッスポ]第20回チャンピオンズカップ(G1)

皆様おはようございます!開門ダッシュ部です。
残すところ今年もあと31回寝るだけで終わってしまいますが、最近いい心地で目覚めることが少ないので、少しでも多くいい睡眠が取れるように、競馬を充実させたいところです。

本紙見解

ルヴァンスレーヴ戦線離脱がダート路線をつまらないものにした1年。
残すはこのチャンピオンズCと東京大賞典だが、この流れのまま今年が終わりそうな雰囲気。
今年は大きな波乱もなく6,7番人気以内で決着しそうなレース。
無理矢理にでも穴を探すならば、勝ち馬候補はちょうど良い人気の福永と、プライベートが仕事に出るタイプで不調が続いているデムーロ。
特にデムーロはサンビスタで勝った時が12番人気、今回乗るワイドファラオは前日段階で11番人気、ここまで人気が無ければ一発狙っても良いところ。
あとは、不可解な栗東Bコースで最終追い切りを極めて軽めに行ったモズアトラクション。
逆に人気馬で不安なのはクリソベリル。血統と成績に加え、今週の開催開始日が11月なので例年より3歳馬のハンデが1キロ軽い為にこの人気になっていると思われるが、今年の3歳牡馬のレベルの低さと、昨年のルヴァンスレーヴと比べると軽過ぎる古馬初対戦の前走を考慮すると、軸にはしたくない。仕上がりは良さそうなので、能力で経験の無さを何処まで補えるか。
(本紙・とも)

本紙・ともが指摘するクリソベリルへの不安。古馬との経験値は不安視して当然かと思いますね。ただ、ルヴァンスレーヴ不在が招いた今年のダート路線の混沌の中で、唯一安定した結果を出しているのも事実。私はデットーリを迎えたオメガパフュームへの期待とクリソベリルへの投資で、今年のJRAダートの締めくくりに快打を決めたいところです。

それでは皆様、チャンピオンズカップを楽しみましょう♪

[ダッスポ]第39回ジャパンカップ(G1)

皆様、おはようございます。開門ダッシュ部です。
いよいよ秋の府中開催も最終週で、ジャパンカップで締めくくることになります。
思えば今年の僕は府中と本当に相性が悪かったので、来年は大國魂神社で方位除けでもしてもらって、リフレッシュした形で府中と対峙したいと思います。

そんなこんなで今年19回目のダッスポG1号です。

本紙見解

いつもは調教評価順に印を打っていますが、今回はその結果に血統フィルターをかけた結果の印にしました。
そのフィルターとは、ステイゴールドハーツクライルーラーシップキングカメハメハの産駒限定。
結果的に上位6頭の中にルーラーシップ産駒は入らなかった為、3頭の種牡馬の産駒となりました。
ちなに、通常の予想順だとレイデオロの上に、3番ウインテンダネスと14番マカヒキがいました。
ウインテンダネスは父カンパニーなので評価が難しいところですが、純粋に力不足と判断。但し、東京巧者トニービンの血統なので単複程度は抑えておくと良いと思います。
(本紙・とも)

※部長ハスラーは、今回所用で予想が上がっておりません。

ワグネリアンとレイデオロがやや人気という感じで混戦模様ですね。外国人ジョッキーがJRAプロパー以外にも5人いることで、ジョッキー加味がされて難解なレースとなりそうですね。
僕がジョッキー買いだけするならば、やっぱりデットーリから買いたいですね。

それでは皆様、ジャパンカップを楽しみましょう♪

[ダッスポ]第36回マイルチャンピオンシップ(G1)

皆様こんにちは!開門ダッシュ部です。

秋も深まって、朝晩は結構冷え込んできましたよね。
風邪ひいたり、体調を崩す人が増えてきて、仕事とかに支障が出たりしてる方もいると思います。休みましょう。しっかり寝て週末の競馬には支障がないようにしたいものです!

本紙見解

ここに挑むローテーションから、天皇賞(秋)最先着のダノンプレミアムが断然の本命と考えていたが、坂路でダノンプレミアムを凌ぐ動きを見せていたクリノガウディーを本命とし、ダノンプレミアムは次点。
人気のダノンキングリーは、毎日王冠からというローテーションと初輸送を懸念して低評価。
(本紙・とも)

割れましたね。両ダノンに人気が分かれましたが、◎○を付けているのはロック師匠お一人だけ。逃げ馬不在で、淡々としたペースが予想されるので先行好位が激戦になりそう。3コーナー過ぎから一気にペースが速くなって直線でのたたき合いに強い馬を狙っていくのがいいのかと思います。

そういえば、来年は阪神でエリザベス女王杯とマイルチャンピオンシップをやるんですよね。しばらく淀のマイル頂上決戦が見られないので、しっかり目に焼き付けておきたいですね。

それでは皆様、マイルチャンピオンシップを楽しみましょう♪

[ダッスポ]第44回エリザベス女王杯(G1)

皆様こんにちは、開門ダッシュ部です。

秋晴れの朝を迎えましたね。天皇陛下のご即位記念のパレードがある日。
こういった記念すべき日は不思議と晴れるのですね。今日は競馬もパレードも楽しみな一日となりました。

 

本紙見解

上位人気馬が揃ってイマイチな最終追い切り内容。
毎年、3歳馬が人気にはなるが、中途半端な実力の馬だと弾き返されるレース。
古馬になってからも活躍できるような3歳馬でないと通用しない。
3歳馬を買うなら、オークスをいきなり制したラブズオンリーユーより、牝馬王道路線で安定した実力を見せてきたクロノジェネシスだと思う。
そんな3歳馬より、今回は人気の盲点になっている馬の大駆けに期待したい。
(本紙・とも)

本紙も指摘している通り、圧倒的な軸がいない分、印も割れています。
ともはレイホーロマンスを指名。古馬の人気薄を丁寧にチェックしたら、穴馬券への道も近いかもしれません。

それでは皆様、エリザベス女王杯を楽しみましょう♪

[ダッスポ]第160回天皇賞(秋)(G1)

皆様、こんばんは!開門ダッシュ部です。
明日は古馬中距離チャンピオンを決める天皇賞。
令和の代になり初めての天皇賞、どの馬がチャンピオンになるのでしょうか。

 

 

 

本紙見解

カデナ、スティッフィリオの調教の動きが他のメンバーに比べて一段上。
穴を開けるならこの2頭。(とも)

女王・アーモンドアイに全員の印が並びダントツのトップ人気。安田記念の敗戦はありましたが、ここでも評価は下げられないということですね。続いてサートゥルナーリアか?と思われましたが2番手の人気は昨年のダービー馬ワグネリアン。安定感を考えるとこの馬なのでしょうか。
スワーヴリチャードに印が集まってマカヒキ完全ノーマークは意外でしたが、やはりここ数戦の成績を考えると推しづらいですよね。また、サートゥルナーリアの人気が意外にも少ないのも印象的でした。2番手以下は混戦と見たほうがいいのでしょうか。

それでは皆様、秋の府中で天皇賞を楽しみましょう♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。