Tag Archive for HongKong

[香港]競馬当日のススメ

いよいよ馬券の買い方です。

馬券の種類やマークシートの塗り方は、以下のサイトを参照。
http://hkeiba.com/bet/
http://haitoukin.blog.fc2.com/blog-entry-353.html

買い方は、有人窓口か自動券売機。
自動券売機の場合は、現金券という物を使わないと買えません。
オススメは断然窓口購入。

現金券と言っても感熱紙に$100とか書かれたもの。
$30分使用すると、お釣りとして$70と新たに印刷された現金券が出てきます。

窓口は英語が通じるので、わからない項目はマークしないで、口頭で伝えると窓口の人がマークしてくれます。
また、マーク方法が間違ってたりすると、その場で書き直してくれるなど、
JRAの窓口より親切
買い終わった後、必ず『Good Luck!』と言ってくれるので気分も良いです。

 

購入単価は1点$10
但し、マークシート1枚の合計購入金額が$100以上なら、
1点あたりの購入最低金額が下げられる。

例えば、3連複5頭BOXだと10点なので、1点あたりの最低購入額は$10ですが、
6頭BOXだと20点なので、1点あたりの最低購入額が$5に下がります。

券種毎の最低購入額はサイトを確認してみて下さい。
古い情報なので少し変わっているかも。

SIX UP
日本式に言うとWIN6
日本より優しいのが、1,2着なら当たりというところ。
更に全て1着だとボーナス配当があります。

対象は最後から6Rです。
香港国際競走の日だと、香港スプリントから始まります。
これも1点$10が基本ですが、前記の香港ルールによる最低購入額は$2です。

DOUBLE TRIO
3連複転がし。
指定された2レースの3連複を全て当てる馬券。
指定レースは新聞に掲載されています。

TRIPLE TRIO
3連複3連転がし。
指定された3レースの3連複を全て当てる馬券。
指定レースは新聞に掲載されています。
組み合わせによっては、6UPより高額配当になる日もあります。
2Rまで当たって、3R目で外れた場合も、残念賞として多少の払い戻しがあります。

FIRST 4
4連複。
一見、軸がよく4着になる人向けの馬券のように思いがちですが、
昨今の日本ダービーの1〜4着を見てみて下さい。
3連複なら2頭軸流しで拾えそうでも、4連複となるとどう考えても無理、それが現実です。
それでいて、1番人気絡みの場合、配当はあまり期待できません。
手を出さない事をオススメします。

JOCKEY CHALLENGE
その日に1番活躍する騎手を当てるブックメーカー色が強い馬券。
世界の一流ジョッキーが集まっている香港なので、難しい割に配当はそれ程期待できません。
全レースは馬券を購入しないけど、1日競馬場で競馬を楽しみたいって方には良いかもしれません。

それと…
単勝や馬単のダブル馬券などもありますが、想像通りなので説明は割愛します。
ちなみに、単勝のダブルは、1着→2着で残念賞があります。

競馬場での過ごし方
会員エリアにしか入った事が無いので、そこに限定した情報。

IMG_2761

座席は何か荷物を置いておくと確保される日本と同じ暗黙ルールが適用されている。
競馬場のスタンドの座席は、日本の競馬場とは異なり、東京ドームのようなプラスチック製の跳ね上げ式。
跳ね上げる力も強い為、日本のように新聞や飲み物程度では確保しておく事ができない。

屋内には3脚繋がったシートがある。
ミニテーブル、ドリンクホルダーが付いていて使い勝手が良い。
香港は沖縄より南に位置している為、12月でも20度以上あり、陽射しも強い為、1日中外にいるのは辛いので、屋外と屋内の馬券売り場の窓口近くの座席を確保しておいて、レースを見る時だけ外に行くのがオススメ。

パドックは屋根付きで、スタンドと同じような座席があるが、パドックはとても混雑する為、前の方の座席を確保してもレースに座席まで辿り着くのは難しい。

IMG_2769
IMG_2737IMG_2738

会員エリアの為、治安が良いのか物盗りをされた事は無いが、
万が一取られても諦めがつく、上着や金目の物が入っていないバッグ程度にしておく。

1R前に行けば、屋内やパドックの座席は容易に確保できる。
屋外を確保したい場合は、開門時間の10時に合わせて行けば確保し易い。
正式なレーシングプログラムは、小ぶりでインフォメーションで$15で購入できる模様。

会員エリアのインフォメーションに、A4サイズの立派なレーシングプログラムっぽい物が無料で貰える。
IMG_2746
JRAのG1特別版のレープロより立派で、映画のパンフレット並。
ちょっとかさばる上に、いっぱい持って帰るのは恥ずかしいが、お土産に持って帰ると喜ばれる。

セルフサービス式のレストランなど、何軒かレストランが入っている。値段は不明。

自分は競馬場では軽食程度にしている為、売店でホットドッグと飲み物を買う程度にしている。
ホットドッグは結構立派なソーセージを使っていてなかなか食べ応えがあり旨い。
IMG_2756
香港国際競走では、全レース終了後に花火があります。
ドバイWCのハーフタイムショーで行われる花火だけを切り取ったような感じです。

IMG_2762IMG_2724
全ての花火が終わった後、
『また来年ここで会いましょう』
というようなメッセージがターフビジョンに映し出されてフィナーレになります。
IMG_2779
初めて行った時は、馬券で負け過ぎて途中で帰ってしまったので見れませんでしたが、2回目からは見てから帰っています。
せっかく香港国際競走に行くのでしたら、最後まで残ってこの花火を見る事をオススメします。
それぐらい感動します。

グッズショップ

沙田競馬場にも競馬グッズを売っているお店はあります。
場所は馬場とは反対側(パドック側)で、パドックと入場ゲートの間(パドック寄り)。
売ってるグッズは日本と大差ありません。キーホルダーとかぬいぐるみとか。
自分が見た時は、ラッキーナインなどが並んでいました。
今だとアンバースカイとか並んでいるんではないでしょうか。

 

香港国際競走 当日のレース順
1R 条件戦
2R 条件戦
3R 条件戦
4R 香港ヴァーズ
5R 香港スプリント
6R 条件戦
7R 香港マイル
8R 香港カップ
9R 条件戦(OPクラス)
10R 条件戦

条件戦はレーティングの値によって区分けされています。
香港競馬は重賞以外は全てハンデ戦です。
9Rは香港国際競走に出れなかった地元の実力馬が出走するレースです。
前年に香港国際競走に出走した馬や、過去に日本遠征をした馬が出走する事もあります。

香港競馬の馬番と枠順
香港競馬は、ハンデが一番重い馬が1番の馬番。後はハンデ順に馬番が決まります。
牝馬のレーティングは牡馬より4ポイント低いので、後ろの馬番になる事が多いですが、レーティングを比較する場合は、牝馬は+4して比較しましょう。

枠順は馬番とは関係なく抽選です。日本のように枠という概念が無いので、帽子で区別する事ができません。
なので、10枠1番など発生します。枠順は完全にスタート位置としてだけの役割です。

非常にわかりにくいですが、馬券購入時に枠番も気にした方が良いです。
香港競馬の発走
スタート時は日本のようなファンファーレはありません。

発走時間になったら、ターフビジョンやテレビに枠入りの様子が映し出され、全馬がゲートに入ったらブザーが鳴って唐突にスタートします。

馬券の発売も発走時刻ギリギリまで行われるので、オッズもかなり変動します。

- 完 -

IMG_2734

[香港]競馬場アクセスのススメ(+マカオ)

香港競馬のススメ2つめは、アクセスと滞在中のちょっとした情報について。

沙田競馬場への行き方

マカオ前泊で当日高速船で香港入りする場合。
・上環から港島線に乗車
・中環or金鐘で荃湾線に乗換
・旺角or太子で観塘線に乗換
・九龍塘で東鉄線に乗換

東鉄線では、行先に馬場またはRacecourseと書かれている電車に乗る。
同じ行先でも書かれていない電車は沙田競馬場を通らない。
東鉄線のホームまで行ったら、新聞も持ったウインズに居そうなオヤジが乗る電車に一緒に乗れば間違いない。
IMG_2766
仮に違う電車に乗ったとしても、オヤジは途中駅でちゃんと乗り換えて沙田競馬場まで導いてくれる。

沙田競馬場への行き方2

尖沙咀駅近くのホテルから向かう場合。
・西鉄線の尖東まで歩く
(尖沙咀から地下道で繋がっている)
・尖東から西鉄線に乗車
・紅磡で東鉄線に乗換

あとは上記と同じ。
ガイドブックには出てこないルートだが、尖沙咀滞在の時はこっちがオススメ。
理由は、混雑する東鉄線を始発駅から乗車できるから。

沙田競馬場の入場方法

競馬場は歩道橋で駅に直結されているので、駅に着いたら人の流れについて行けば競馬場に到着する。
改札は競馬場の敷地側にある。

入場料は$10。
しかし、これではゴール板前に行く事は出来ない。
ゴール板手前~ゴール板過ぎに掛けたスタンド端のエリアは、HKJC会員エリアになっている。
外国人旅行者はパスポートを提示すれば、$150(値上りしてる可能性$190)で会員エリアに入場可能。
会員エリアへの入場券の購入方法は、入場券売り場の一番右側にあるブースで購入する事ができる。
日本人も多く、スーツを着た西洋人など並んでいる客層が明らかに違うので容易にわかる。

 

両替

香港ドルの両替は現地で行った方が断然お得。間違っても成田空港では両替しない事。

香港に着いたら、レートは悪いが空港内の両替所か、カードキャッシングでホテルまでの交通費程度の最低限の香港ドルを入手。ホテルに荷物を置いてから街中で両替がベター。
香港では重慶大厦の両替がオススメ。
2階のある両替商のレートが良いが16時か17時に閉店してしまうので、それ以降は2階と1階のレートを比較する。
たまに窓口から声を掛けられ表示レートより良いレートを表示される事もある。
但し、重慶大厦の入口付近では絶対に両替しない事。そこの両替商は空港のレートより悪い。

また、沙田競馬場内でも両替が可能です。
レートもそこまで悪く無いので、資金が足りなくなっても追加投入が可能です。

香港国際空港から直接マカオに行く場所は、空港内で最低限(船賃、タクシー代、軽食代程度)の両替をする。
マカオにはパタカという通貨があるが、香港ドルも等価で使えるので、パタカには間違っても両替しない。
パタカはマカオでしか使えない上に、断られる場合もある。カジノでは香港ドルしか使えない。
お店の値札も基本的に香港ドル表示。
しかも、パタカから香港ドルへの両替レートは悪い。パタカから日本円になんか日本でも両替できない。

マカオでの両替は、街中・カジノ・ホテル。カジノ内の両替が意外とレートが良い。
街中の両替商はカジノといい勝負。両替の為に街中を探し回るよりは、カジノで両替した方が良い。

貨幣価値は、若干だが香港ドル>パタカ。
香港とマカオで同じ値札が付いている物をカードで買う場合、マカオではパタカ決済になるので、香港で買うより若干お得。

ネット環境

香港はWi-Fi環境が成熟しています。
有料・無料を合わせるとローミングを使わなくて良い程。
今までの行動範囲で有効活用できそうな無料Wi-Fiは以下の3箇所。
・香港国際空港
・沙田競馬場
・ホテル リスボア(マカオ)

空港↔︎香港市内の移動

空港から市内への移動は、エアポートエクスプレスという特急を利用するか、バスを利用するのが一般的。

香港までキャセイパシフィックを利用して行く場合は、機内販売でエアポートエクスプレスの割引乗車券を購入できる。カード決済可能。
それを購入した場合、引換券を渡されるので、空港内のカウンターで乗車券に交換する。

帰りにエアポートエクスプレスを利用して空港に向かう場合、インタウンチェックインという駅で飛行機のチェックインを行え、荷物も預ける事ができる。
これを行うと、空港に行ったら出国手続きするだけで良いのでかなり楽。

インタウンチェックイン利用条件は以下の通り。
・場所は、香港駅か九龍駅
・エアポートエクスプレスを利用して空港に行く
・24時間以内に出発する便に搭乗予定

ホテルチェックアウト後、飛行機の時間までの間、香港を観光したい時などに便利。
空港のチェックインカウンターより空いてるので、観光をしなくても利用価値は高い。
オクトパスカードの詳しい説明はこちら

香港↔︎マカオの移動

香港とマカオの移動は、基本的には2択。
高速船を使った海路か、ヘリコプターを使った空路。
ヘリコプターは高額なので、ここでは海路を説明します。

香港からマカオへの高速船は3箇所から出ています。
・香港国際空港
・九龍
・上環
便数の多い順に並べると
上環 > 九龍 > 香港国際空港

時間帯によっても運賃が変わってきます。
ダイヤや運賃は以下のサイトを参照。
[リンク]

ちなみ、香港国際競走の日に花火まで見てから、マカオに移動した場合、マカオ着は21時ぐらいになります。

香港のホテルに荷物を預けていたり、途中で食事したりすると、23時ぐらいになります。

マカオ グルメ情報1

マカオのおすすめグルメはポルトガル料理。
知ってる有名店を何軒か上げておきます。
・カルロス(場所:MGM付近)
・プラタオ(場所:セナド広場付近)
・ミリタリークラブ(場所:リスボア付近)

カルロス、プラタオは月曜定休だったはず。
ミリタリークラブは予約していないと、ランチは13時半からじゃないと入れない。
自分はプラタオに行ったら休みだったので、近くにある店名がわからない店に入りましたが、十分に美味しかったです。

有名な料理に関しては、以下のサイトがわかりやすい。
http://touch.allabout.co.jp/gm/gc/23597/

サイトに載っていない料理だとバカリャウ(干した鱈)とじゃがいもの炒め物なんかも美味しそうでした。

軽く飲めるバーを何軒か紹介。
・ホテルサンズのカジノ内のバーカウンター
カウンターの向かいにステージが有り、定期的にちょっとしたショーが見れます。

・グランドリスボアのカジノ内のバーカウンター
ホテルリスボアではなく、新しいグランドリスボア内のカジノ。
サンズと同じくステージ有り、ステージもサンズより大きめ。

・スターワールドホテル16階のWhisky Bar
自分は夕方ぐらいからしか行った事がないけど、昼間から営業している模様。
スタンダードカクテルは、酷いものだと缶に入ってるものを注ぐだけだか、フルーツカクテルはちゃんとしてる。
ウィスキーはメニューを良く見ると掘り出し物も有り。
高級ホテル内のバーだが、値段はそんなに高くない。
日によっては2杯飲んだら3杯目にサービスカクテルが出てきたり、3杯目以降30%offとかもある。
個人的にはオススメ。

・ギャラクシーマカオ内にあるマッカラン・ウィスキー・バー&ラウンジ
世界初のマッカラン直営のバーらしい。
まだ行った事は無い。

[香港]競馬新聞のススメ

チャンピオンズカップ、いかがでしたか?部長のハスはホクホクのウフウフだったみたいです…

さて、来週は香港国際競走が開催されますね。
そこで観戦歴が多いとも副部長による香港競馬特集を、今週は連載いたします。

まずは現地の競馬新聞について…

広東語の新聞か英字新聞の2択です。
タブロイド紙は$5前後、冊子タイプの専門紙が$20前後。(2014年で1香港ドル≒15円)
オススメは英字新聞のSouth China Morning Post。[リンク]

日本で言うところの読売新聞のような一般紙ですが、
東スポのように中にRacing Postというその部分だけ抜き取れる競馬コーナーがあります。
(イメージ)
IMG_2776

他の一般紙でも競馬冊子は付いてるけど、英字新聞自体が少ないです。
他の新聞でもあまり差は無いかと。
競馬場では新聞は売っていないので、
街中のコンビニや路上売店、駅の売店で予め購入する必要有り。

香港では前日に売ってるけど、マカオでは売っていないので、
予め出走表を見たい時は香港ジョッキークラブのサイトで確認できます。[リンク]

英字の競馬新聞は癖があるので、
JRAの出走表の英字版で読み方の予習をしとく事をオススメします。

初めて行った時は解読するのに半日かかったのでw

ちなみに、ジャパンカップ当日の英語版の出走表は以下のURL
http://japanracing.jp/_pdf/information/jra-race-programme/2014/141130.pdf

昨年の香港国際競走のレーシングプログラム。
IMG_2746IMG_2749
IMG_2775
この8ページ以降にあるものが、新聞に載ってる情報とほぼ同じ。
http://racing.scmp.com/Intrace/INT/2013HKIRFormGuideE.pdf

国際競走の4鞍に関しては、レース週の木曜か金曜ぐらいにHKJCのサイトにこれが載ります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。