副部長の最終追い切り診断(2回目)

競馬
0 0
Read Time:7 Second

先週の函館記念は2番手評価のトウケイヘイローが勝利したものの
5頭挙げたうちの他の馬が全くダメだった為、ちょっと不完全燃焼でした。

この調教診断について少し説明をしたいと思います。
木曜夜~土曜の間にその週末で行われる重賞出走予定馬の中から、
調教が良く見えた馬を3~5頭挙げたいと思います。
先週の反省から出走馬が美浦・栗東の両トレセンで調教されてる場合は3頭、
現地入厩馬が多い重賞の場合は4頭というのを基本としたいと思います。
勝ち馬というよりは複勝圏内に入りそうな馬を狙っています。

今週の重賞は日曜日に中京記念と函館2歳Sの2鞍。
上から高評価順です。

【中京記念】
フラガラッハ
フレールジャック
ワイズリー

【函館2歳S】
クリスマス
ビービーブレイン
ニシケンムート
ヴァイサーリッター

函館2歳Sは調教を見てもクリスマスが1頭抜けているような気がします。

About Post Author

とも

小穴党。競馬ブックとJRA-VANを駆使したデータと、調教を重視した予想を展開。万馬券毎月的中を目指す。チーフツアープランナーとして、旅打ち企画の分刻みの詳細計画を担当。
Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%
タイトルとURLをコピーしました