[ダッスポ]第38回マイルチャンピオンシップ(G1)

ダッスポ予想競馬
0 0
Read Time:12 Second

おはようございます。開門ダッシュ部です。

大井競馬場で左回りのレースがついに始まりましたね。
見てみましたけれど、まあ違和感を感じました。拒絶ではないですが、見慣れないものを見ましたね。この違和感がなくなるころには、オープンクラスの競走も開催されたりするのでしょうかね。

本紙見解

毎日王冠を快勝したシュネルマイスターを中心に。3歳秋初戦で期待と不安が入り混じったレースだったが、終わってみたらいとも簡単に勝ち切った強さ。休み明け2戦目の…とか言われた時代もあったが、3歳マイル王にそのような抜かりは無い。
引退レースとなるグランアレグリアを対抗に。藤澤和雄厩舎の引退レースと言えば、どうしてもタイキシャトルのスプリンターズステークスを思い出してしまう世代で、「目いっぱいには仕上げないんだろうな」という思いになってしまう。しかし天皇賞3着でも示した通り、牡馬を凌ぐ能力はここでもトップクラス。ルメールもシュネルマイスターを武史に譲って乗るレースだし、下手な競馬は見せられない。
3番手以下が難解で、カテドラルに。グレナディアガーズとの比較になってしまったが、阪神外回りからの直線でどちらが伸びるかという観点からカテドラルを上位に。サリオスは上位には推しづらいが消すほど弱いわけではないので5番手。意外性が怖い馬を推す6番手にはリプレーザを指名。芝ダートいずれもこなす伏兵が、混戦を演出する可能性も。(本紙・こうじ)

グランアレグリアには全員の印が集まりましたね。それ以上に△以下の印の散らばり方が広くて、レインボーフラッグ以外には何かしらの印がついているほどの難問レースに。3連単当てるためには何通り買えばいいのでしょう…

それでは皆様、マイルチャンピオンシップを楽しみましょう♪

About Post Author

こうじ

中穴党。旅打ち好き。変な[地][外]の複勝でトリガミを防いだり、一番不思議な買い方をする。 サイト管理人。買い方に偏りあるのでやはり的中時は大きく、独り勝ちの場合が多い。
Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントください…(ToT)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

タイトルとURLをコピーしました