[ダッスポ]第165回天皇賞・春(G1)

ダッスポ予想競馬
スポンサーリンク
0 0
Read Time:22 Second

皆様こんにちは、開門ダッシュ部です。

令和になってちょうど3年。今上陛下の弥栄と、日本および世界の平和を祈念しつつ今週のダッスポをお送りします。

2強と言われているディープボンドとタイトルホルダーに印が集まりつつ、それに続くニュースター候補として、アイアンバローズ、テーオーロイヤル、マカオンドールにも印が集まっていますね。

本紙見解

[#JRAG1]2022天皇賞・春プレビュー, 皐月賞レビュー
こんにちは、開門ダッシュ部・本紙こうじです。 春のG1は1週間お休みで、来週は春の天皇賞です。 第165回天皇賞(春

月曜日に出したプレビューではディープボンド1強としたが、当日を迎えてもそれを変えずに本命。長距離レースでの絶対的安定感を支持している。パリロンシャンでの凱旋門賞は、実力及ばずに大敗したが、フォワ賞で勝ったように基本的にはどの競馬場でも得手不得手なく走る馬。特に阪神競馬場との相性は良く、阪神大賞典連覇、天皇賞春2着とメンバー内で最高の成績。確実に連に絡むところと考える。単勝2倍超えは美味しい。

相手にはアイアンバローズを指名。月曜日時点では5番手としたが、絶好の1番枠を獲得した。逃げ馬で1番、石橋脩騎乗となると、ビートブラックの再来である。もちろん、実力も無いと2番手に掲げることはしないので、逃げ切りの可能性も感じての評価である。

3番手にはマカオンドールを。割と人気が出てきてしまったが、長距離で着実に星を重ねてきている点を評価。前走はディープボンドの後塵を拝したが、200m延びてその差がどれだけ縮まるのか楽しみ。さらにはテーオーロイヤル、タイトルホルダー、シルヴァーソニックに印をつけたが、このあたりはあまり差が無いと考えている。選外となってしまったがディバインフォース、ハヤヤッコにもオッズ的な妙味に惹かれているのでヒモとして買いたい。(本紙・こうじ)

3連複2頭流し 18 – 1 – (3, 5, 7, 12, 16, 17)

編集後記

うちの嫁が今朝、「黒に赤の両襷の服、いないね。」というので改めてみると、サンデーレーシングからの出走がありませんでした。社台グループが長距離にはあまり力を入れないというのが暗に見えた気がします。実際には社台RHや金子さんなどの所有馬が出ているので、極端にそうなっているわけではないと思いますが。

先週の皐月賞では予想がほぼ壊滅的だった中、ロック師匠が6連複的中の快挙。何かが降りつつありますね。2013年金沢JBC準パーフェクト以来の驚異的なG1的中を目の当たりにすることができるのか、15:40からのレースに注目です。

それでは皆様、春の天皇賞を楽しみましょう♪

About Post Author

こうじ

中穴党。旅打ち好き。変な[地][外]の複勝でトリガミを防いだり、一番不思議な買い方をする。 サイト管理人。買い方に偏りあるのでやはり的中時は大きく、独り勝ちの場合が多い。
Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %
スポンサーリンク
スポンサーリンク
開門ダッシュ部

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントください…(ToT)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

タイトルとURLをコピーしました